多芸志比古命(タギシヒコノミコト)

MENU
TOP>用語・神名など>タギシヒコ
スポンサードリンク

タギシヒコ

漢字・読み多芸志比古命
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

多芸志比古命(タギシヒコノミコト)

多芸志比古命(タギシヒコノミコト)は古事記に登場する人物。
懿徳天皇(4代天皇)の皇子。
皇族。
「ヒコ」とあるので男性。
血沼之別(チヌノワケ)・多遅麻(タヂマ)の竹別(タケノワケ)・葦井(アシヰ)の稲置(イナキ)の先祖。

出自

古事記では
懿徳天皇(4代天皇
賦登麻和訶比売命(フトマワカヒメノミコト)…師木県主(シキノアガタヌシ)の先祖
御真津日子訶恵志泥命(ミマツヒコカエシネ孝昭天皇
多芸志比古命(タギシヒコノミコト


日本書紀は似た名前はないが、孝昭天皇の弟として異説に「武石彦奇友背命(タケシヒコアヤシトモセノミコト)」という名前が見られる。親兄弟の関係から考えると、これが多芸志比古命(タギシヒコノミコト)に対応すると考えられる。よって以下にまとめておく。
日本書紀では
懿徳天皇(4代天皇
天豊津媛命爲皇后(アマトヨツヒメノミコト)…異説で泉媛(イズミヒメ)と飯日媛(イイヒヒメ)
觀松彦香殖稻天皇(ミマツヒコカエシネノスメラミコト=孝昭天皇
武石彦奇友背命(タケシヒコアヤシトモセノミコト)…ただし異説として
スポンサードリンク

子孫

古事記には血沼之別(チヌノワケ)・多遅麻(タヂマ)の竹別(タケノワケ)・葦井(アシヰ)の稲置(イナキ)の先祖とされます。日本書紀には記述はない。
名前で考える
タギシヒコという言葉は「タケシヒコ」と対応しているのでしょう。ところで、神武天皇の子供でタギシミミがいます。タギシミミとタギシヒコが「音」で実際に同じか似ているのかは何とも言えませんが、タギシミミ神武東征で「軍を率いていた」ことが日本書紀にあるので、タギシミミも「タケシ」という「武力」を表す言葉だったのかもしれません。
スポンサードリンク

古事記からの引用

懿徳天皇
懿徳天皇は師木県主(シキノアガタヌシ)の先祖の賦登麻和訶比売命(フトマワカヒメノミコト)…別名、飯日比売命(イヒヒヒメノミコト)を娶って、御真津日子訶恵志泥命(ミマツヒコカエシネ)と多芸志比古命(タギシヒコノミコト)を産みました。
このニ柱のうち、御真津日子訶恵志泥命(ミマツヒコカエシネノミコト=考昭天皇)が天下を治めました。
多芸志比古命(タギシヒコノミコト)は血沼之別(チヌノワケ)・多遅麻(タヂマ)の竹別(タケノワケ)・葦井(アシヰ)の稲置(イナキ)の先祖です。
スポンサードリンク

日本書紀からの引用

懿徳天皇(日本書紀)
后は觀松彦香殖稻天皇(ミマツヒコカエシネノスメラミコト=孝昭天皇)を生みました。
ある書によると弟は武石彦奇友背命(タケシヒコアヤシトモセノミコト)です
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集