料理人の不意打ち

MENU
TOP>神武東征(古事記)>料理人の不意打ち

料理人の不意打ち

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

ここ(忍坂)にやってきた天津神の皇子であるイワレビコの命令で、ご馳走が八十健(ヤソタケル)に振舞われました。

男たちにそれぞれ、八十膳夫(ヤソカシワデ=料理人)をあてがって、その膳夫(=料理人)に刀を持たせました。

そして、その膳夫(=料理人)に
「歌を聴いたら、一斉に切りかかれ」
と言いました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

汚い、汚いぞ天津神の皇子!
日本神話の面白さのなかに、主人公であるはずの天皇家の血筋の神々が「意外と汚い」というか謀略家で、不意打ち、だまし討ちが常套というところがあります。

今回は、ツチグモヤソタケルに料理人をあてがい、その料理人に刀を持たせ、歌を歌ったら切りかかるというもの。歓待しておいて、不意打ち。主人公にしては共感ししづらいキャラクターです。

ところで料理人は刀を持って、切り殺していますが、古代において「料理」は、食物を作るというだけではなかったようで、料理とは神にささげる供物を作る作業でもあります。
参考:?料理人クシヤタマ神

特にこの戦いで重要な役割を占める「久米氏」は、この後に出てくる「戦いの歌」を見れば分かるように、軍事を司る氏族です。この久米氏がどうやら、宮廷の「料理人」を兼ねていたようです。久米氏の歌には食材が見られるのはその理由もあるようです。
スポンサードリンク

原文

故ここに天つ神の御子の命以ちて、饗を八十建に賜ひき。ここに八十建に宛てて、八十膳夫を設け、人毎に刀佩けて、その膳夫等に誨へて、「歌を聞かば、一時共に斬れ」と曰りたまひき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集