開化天皇の孫たち

MENU
TOP>綏靖天皇~開化天皇(古事記)>開化天皇の孫たち

開化天皇の孫たち

漢字・読みカイカテンノウノマゴタチ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

ミマキイリヒコイニエ命(=祟神天皇)は天下を治めました。

祟神天皇の兄のヒコユムスミ王(比古由牟須美王)の子供はオオツツキタリネ王(大筒木垂根王)、サヌキタリネ王(讃岐垂根王)の二王です。このニ王には娘が5人いました。

ヒコイマス王(日子坐王)が山代のエナツヒメ(荏名津比売)…別名はカリハタトベ(苅幡戸弁)を娶った産んだ子がオオマタ王(大俣王)、コマタ王(小俣王)、スブミノスクネ王(志夫美宿禰王)の三柱です。

またヒコイマス王が春日のタケクニカツトメ(建国勝戸売)の娘の沙本のオオクラミトメ(大闇見戸売)を娶って産んだ子がサホビコ王(沙本毘古王)、オザホ王(袁耶本王)、サホビメ命(沙本毘売命)――別名をサワジヒメ(佐波遅比売)です。このサホビメ命は伊久米天皇の后となりました。次にムロビコ王(室毘古王)の4柱です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

個人的コラム

建国勝戸売
オオクラミトメ(大闇見戸売)の母親と見られる人物。なぜ「父」ではなく「母」の名があるのか? そして父の名前が残っていないのか? それはつまりこの建国勝戸売という人物が氏族の首長だった、という意味ではないかと思われます。

日本の古代の氏族には女系の集団がありました。母親から娘に首長の地位が受け継がれていきます。
スポンサードリンク

原文

かれ、御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニエノミコト)は天の下治らしめき。その兄 比古由牟須美王(ヒコユムスミノミコ)の子、大筒木垂根王(オオツツキタリネノミコ)、次に讃岐垂根王(サヌキタリネノミコ)。二王。この二王の女五柱坐しき。次に日子坐王(ヒコイマスノミコ)、山代(ヤマシロ)の荏名津比売(エナツヒメ)、亦の名は苅幡戸弁(カリハタトベ)を娶して生みし子、大俣王(オホマタノミコ)、次に小俣王(ヲマタノミコ)、次に志夫美宿禰王(シブミノスクネノミコ)。三柱。また春日の建国勝戸売(タケクニカツトメ)の女、名は沙本(サホ)の大闇見戸売(オホクラミトメ)を娶して生みし子、沙本毘古王(サホビコノミコ)、次に袁耶本王(オザホノミコ)、次に沙本毘売命(サホビメノミコト)、亦の名は佐波遅比売(サハヂヒメ)。この沙本毘売命は、伊久米天皇(イクメノスメラミコト)の后となりき。次に室毘古王(ムロビコノミコ)。四柱。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集