第一段一書(二)葦の芽が生えるように

MENU
TOP>日本書紀神代上>第一段一書(二)葦の芽が生えるように
スポンサードリンク

第一段一書(二)葦の芽が生えるように

漢字・読みアシノメガハエルヨウニ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

一書曰、古国稚地稚之時、譬猶浮膏而漂蕩。于時、国中生物。狀如葦牙之抽出也。因此有化生之神。號可美葦牙彦舅尊。次国常立尊。次国狹槌尊。葉木国、此云播舉矩爾。可美、此云于麻時。

現代文訳

ある書によると……

昔、国も地も出来上がっていないときは、例えるならば水に浮かぶ油のように漂っていました。

その時、その国の中から、葦の芽が生えるように、一つの物が生まれました。そうして生まれた神を可美葦牙彦舅尊(ウマシアシカビヒコヂ)と言いました。

次に生まれたのが国常立尊(クニノトコタチミコト)。
次が国狹槌尊(クニノサツチミコト)。
葉木国(ハコクニ)を「播舉矩爾(ハコクニ)」といい、
可美(ウマシ)を「于麻時(ウマジ)」という。

古事記の対応箇所
天地開闢と造化三神の登場
特別な五柱の天津神
スポンサードリンク

解説

最後の二行は注釈。

水に浮かぶ油のよう、という表現は秀逸な感じがします。古事記では「クラゲが漂うよう(特別な五柱の天津神)」という表現がありました。

古事記の編纂者と日本書紀のこの段の編纂者が同じ人物でないならば、「日本人にとっての世界のはじまり」に共通のイメージがあったことになります。

日本人にとって世界は海に浮かぶもの。陸地などは海に囲まれているもの。日本人の世界観が大陸由来ではないことが分かります。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集