長いこと患っている病気があるので日嗣を継承することは出来ないのです

MENU
TOP>允恭天皇(古事記)>長いこと患っている病気があるので日嗣を継承することは出来ないのです
スポンサードリンク

長いこと患っている病気があるので日嗣を継承することは出来ないのです

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

読み下し文

天皇、初め天津日繼を知らさんと爲し時に、天皇の辭びて詔らさく、「我は一つの長き病有り。日繼を知らすことを得じ」。然れども大后を始めて諸の卿等、堅く奏すに因りて、乃ち天の下治しめしき。此の時に新良の国主、御調八十一艘を貢進りき。爾くして御調の大使、名は金波鎭漢紀武と云う、此の人、深く藥方を知れり。故、帝皇の御病を治さめ差しき。

現代語訳

允恭天皇は天津日嗣(アマツヒツギ=天から授けられた位=皇位)を継承しようとしたときに、天皇はこれを辞退して詔しました。
「私はある長いこと患っている病気があるのです。だから日嗣(ヒツギ=皇位)を継承することは出来ないのです」
しかし大后をはじめとして諸々の卿(マヘツキミ=臣下)たちは固く(即位するように)言うので、天下を治めました。皇位を継承したときに新良(シラキ=新羅国)の国主(コニキシ=国王)は御調(ミツギ=献上物)を積んだ船を81隻を献上しました。その御調の大使は名を金波鎭漢紀武(コンハチンカンキム)といいます。この人物は薬方(クスリノミチ)を知っていました。それで帝皇(スメラミコト)の病気を治しました。
スポンサードリンク

解説

允恭天皇の病気
日本書紀の允恭天皇のところでは「重い病を患っていて歩くことも出来ない」とあるので、天皇になるような状態ではなかった、のではないかと思います。

次の安康天皇では木梨軽皇子(キナシノカルノミコ)との政争があり、木梨軽皇子(キナシノカルノミコ)を失脚させました(古事記では流罪、日本書紀では自殺)。また、安康天皇は大草香皇子(仁徳天皇の子で安康天皇から見ると叔父)を誅殺。大草香皇子の妃を皇后にしました(!)。ところが即位3年にその大草香皇子の妃だった中蒂姫の連れ子の眉輪王に殺されてしまいます。

これが史実かというと、どうもよく分かりません。ただ天皇が暗殺されるというのは前代未聞の大事件だってことです。

そして安康天皇の次が雄略天皇、この雄略天皇は安康天皇殺害の犯人を探し、兄弟・親戚を殺しまくります。その中に葛城氏も入っていました。雄略天皇はどうやら大和朝廷を「中央集権国家」にしようとしていたようで、その結果、いろんな氏族から恨みを買い、古事記・日本書紀では「大悪天皇」とされるほどです。

それで何が言いたいかというと、これまで続いた葛城氏の強権時代の終わりの始まりにこの「允恭天皇」があったんじゃないか?と思うのですね。

葛城側としてはどうしても葛城の血の入った人物に皇位を継がせたい。本来は履中天皇の子の市辺押磐皇子に継がせるべきでしょう。この皇子は血統も葛城で妃も葛城です。しかし反対する勢力もあったので、允恭天皇を間に挟んだ。リリーフってところでしょう。皇子が幼かったのかもしれない。ともかく病気で歩けなくってもいいから、ここで市辺押磐皇子を天皇にすると揉める、という判断があったんじゃないでしょうか。

允恭天皇の時代は42年続きました。多少の揉め事はありましたが、安康天皇・雄略天皇に比べれば平和でしょう。その後安康天皇の暗殺とそれにかこつけて雄略天皇による葛城と市辺押磐皇子の粛清がありました。ここで雄略天皇が葛城系の人物を殺しまくるのは背景に「葛城vs他氏族」があったからでしょう。

しかし雄略天皇の無茶がたたってその後はまた葛城系の天皇があり、最後は継体天皇という「応神天皇の子孫」という関係のないところから連れて来てしまいます。そういう終わりの始まりが允恭天皇だろうと考えています。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集