崇峻天皇(日本書紀)

MENU

崇峻天皇(日本書紀)

投稿:2015年09月30日 更新:2015年09月30日

要約

用明天皇即位2年4月 用明天皇崩御
用明天皇即位2年5月 物部守屋が穴穂部皇子を天皇にしようとして、穴穂部皇子を狩りに誘う。
用明天皇即位2年6月 蘇我馬子が穴穂部皇子と宅部皇子を誅殺。善信阿尼が百済で勉強したいと申し出る。百済から使者が来たので、善信阿尼を連れて行かせようとするが、断られる。
用明天皇即位2年7月 蘇我馬子が物部守屋を殺害。四天王寺を造る。法興寺を造る。捕鳥部萬の逃走と死と、飼い犬が悲しみ餓死したので捕鳥部萬と犬を葬る。
用明天皇即位2年8月 崇峻天皇が即位。倉梯宮を造る。
崇峻天皇即位1年 百済が使者と僧侶や仏舎利や人材を派遣し、税を納めました。使者に善信尼を預けて留学させる。法興寺(=飛鳥寺)を造る。
即位2年7月 近江臣満を東山道、宍人臣鴈を東海道、阿倍臣を北陸道へ派遣して国境を調べさせる。
即位3年3月 善信尼が帰国。桜井寺に滞在。
即位3年 出家した尼が多くいた。
即位3年8月 崇峻天皇が任那の再建を詔する。
即位3年11月 2万の軍隊を筑紫へ。
即位5年10月 崇峻天皇がイノシシの献上品を見て「いつか、猪の首を切るように嫌いな奴を切るぞ」と詔する。蘇我馬子をその詔を聞いて、天皇の殺害を決意。法興寺の仏堂と歩廊ができる。
即位5年11月 蘇我馬子が崇峻天皇を殺害。崇峻天皇を殺した東漢直駒が蘇我娘の河上娘を盗んで妻とする。


「崇峻天皇(日本書紀)」のページ一覧

Page1 崇峻天皇(一)出自・穴穂部皇子と淡路で馳猟をしたい
Page2 崇峻天皇(二)宅部皇子と穴穂部皇子を誅殺
宅部皇子と穴穂部皇子を誅殺
Page3 崇峻天皇(三)尼たちは訓戒の法を百済で学びたい
尼たちは訓戒の法を百済で学びたい
Page4 崇峻天皇(四)渋河での守屋と馬子の戦い
渋河での守屋と馬子の戦い
Page5 崇峻天皇(五)厩戸皇子の白膠木の四天王像
厩戸皇子の白膠木の四天王像
Page6 崇峻天皇(六)大臣の妻は大連の妹・四天王寺と法興寺
大臣の妻は大連の妹・四天王寺と法興寺
Page7 崇峻天皇(七)捕鳥部萬の逃亡
捕鳥部萬の逃亡
Page8 崇峻天皇(八)萬の屍体は8つに斬って8つの国へ
萬の屍体は8つに斬って8つの国へ
Page9 崇峻天皇(九)萬の白犬・桜井田部連胆渟の犬
萬の白犬・桜井田部連胆渟の犬
Page10 崇峻天皇(十)即位・妃と子息子女
Page11 崇峻天皇(十一)僧と仏舎利と寺工と鑪盤博士と瓦博士と画工
僧と仏舎利と寺工と鑪盤博士と瓦博士と画工
Page12 崇峻天皇(十二)飛鳥衣縫造の祖先の樹葉の家を壊して法興寺を建てる
飛鳥衣縫造の祖先の樹葉の家を壊して法興寺を建てる
Page13 崇峻天皇(十三)東山道・東海道・北陸道へ使者を派遣し国境を見させる
東山道・東海道・北陸道へ使者を派遣し国境を見させる
Page14 崇峻天皇(十四)善信尼の帰国・新たな出家と徳斉法師
善信尼の帰国・新たな出家と徳斉法師
Page15 崇峻天皇(十五)任那再建へ・筑紫へ派兵
任那再建へ・筑紫へ派兵
Page16 崇峻天皇(十六)いつか、この猪の頸を斬るように、朕が妬み嫌っている人を斬ろう
いつか、この猪の頸を斬るように、朕が妬み嫌っている人を斬ろう
Page17 崇峻天皇(十七)東国の調・東漢直駒の天皇暗殺
東国の調・東漢直駒の天皇暗殺
Page18 崇峻天皇(十八)河上娘を連れ去ったことで駒は殺される
河上娘を連れ去ったことで駒は殺される