野椎神(ノヅチノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>ノヅチ
スポンサードリンク

ノヅチ

漢字・読み野椎神
別名野槌・草野姬(カヤノヒメ)・鹿屋野比売神(カヤノヒメノカミ)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●鹿屋野比売神(カヤノヒメノカミ)の別名。
●古事記では野椎神(ノヅチノカミ)、日本書紀では野槌(ノヅチ)。
●草の女神。
●古事記では、大山祇神(オオヤマヅミ神)とともに山野の神を生んでいる。
日本書紀ではアマテラスが岩屋にこもったときの、儀式でススキで作った八十玉籤(ヤソタマクシ)を用意している。

物語・由来

カヤノヒメの別名。カヤノヒメは「カヤ」の神で、カヤはススキのこと。カヤノヒメは草の女神。ノヅチも同様に草の女神と思われます。
和合したか、してないか
古事記では大山祇神(オオヤマヅミ)とともに「山野」の神々を産んだことになっています。話の流れ上は大山祇神と和合して生んだような気がしますが、古事記には「山野に因りて持ち別けて」と書いてあって、それぞれが産み作ったといった感じ。

というのも一般に大山祇神といった山の神は「女神」で、女神と女神ですから、これは和合したのとは違うと考えた方が自然。
八十玉籤(ヤソタマクシ)
日本書紀ではススキで作った八十玉籤(ヤソタマクシ)を用意した神として登場しています。
スポンサードリンク

引用

風と山の神が産まれる
次の風の神の志那都比古神(シナツヒコノカミ)が産まれました。
次に木の神の久久能智神(ククノチノカミ)が産まれました。
次に山の神の大山津見神(オオヤマヅミノカミ)が産まれました。
次に野の神の鹿屋野比売神(カヤノヒメノカミ)が産まれました。
別名を野椎神(ノヅチノカミ)といいます。

オオヤマヅミの子供たち
大山津見神(オオヤマヅミノカミ)と野椎神(ノヅチノカミ)は山と野の神を分担して生みました。

第五段本文 神々を生む
イザナギイザナミは次に海を生みました。
次に山を生みました。
次に木の祖先となる句句廼馳(ククノチ)を生みました。
次に草の祖先となる草野姫(カヤノヒメ)を生みました。
別名を野槌(ノヅチ)といいます。

第七段一書(二)-1日神が臭くなる
また、山雷(ヤマツチ)という神によく茂ったサカキで八十玉籤(ヤソタマクシ)を用意させ、野槌(ノヅチ)という神によく茂ったススキで八十玉籤(ヤソタマクシ)を用意させました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集