底筒之男命・底筒男命(ソコツツノオノミコト)

MENU
TOP>用語・神名など>ソコツツノオ
スポンサードリンク

ソコツツノオ

漢字・読み底筒之男命・底筒男命
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
イザナギ黄泉の国から帰ってきて、その穢れを落とすために禊(ミソギ)をします。その禊をするために海に飛び込み、海の底で生まれた神。
住吉三神の1柱。
●古事記では底筒之男命(ソコツツノオノミコト)。
日本書紀では底筒之男命(ソコツツノオノミコト)。

物語・由来

底筒之男命(ソコツツノオノミコト)はイザナギが禊(ミソギ)をした時に生まれた神。禊(ミソギ)の行為そのものの神格化とも言われますが、一方で住吉三神の1柱で「海運」の神でもあります。
古事記では底筒之男命(ソコツツノオノミコト)。
日本書紀では底筒男命(ソコツツノオ)と書かれます。
その後も登場
古事記・日本書紀では底津少童命(ソコツワタツミ)と併記されていて、同列という感じがしますが、住吉三神である底筒之男命(ソコツツノオノミコト)は、その後も「神功皇后の朝鮮征伐」を導くなど、日本の歴史に強く関わる神様です。
名前について
ソコツツノオの「ソコ」は「海の底」。「ツツ」は「星」を表しています。「ノ」は助詞の「の」。「オ」は「男」。よって「海の底の星の男」。
どうして星なのかというと、海の神は三柱でセットになっていて、これがオリオン座のベルトの三連星を表しているからと言われています。この三連星が航海をするときに方角や位置を知る大事な指標だったよう。つまり「星」は海運の象徴ってことです。
スポンサードリンク

引用

住吉三神が産まれる
水の底で身体を洗ったときに生まれた神が底津綿津身神(ソコツワタツミノカミ)。次に底筒之男命(ソコツツノオノミコト)。

中ほどで成った神が中津綿津身神(ナカツワタツミノカミ)。次に中筒之男命(ナカツツノオノミコト)。

水の上のほうで身体を洗ったときに生まれた神が上津綿津身神(ウワツワタツミノカミ)。次に上筒之男命(ウワツツノオノミコト)。
…(略)…
また、底筒之男命(ソコツツノオノミコト)、中筒之男命(ナカツツノオノミコト)、上筒之男命(ウワツツノオノミコト)の三柱は住吉神社に祭られている神様です。

第五段一書(六)-4 海の神々
海の底で潜って身を洗って生まれたのが底津少童命(ソコツワタツミ)です。次に底筒男命(ソコツツノオ)です。

潮の中で潜って身を洗って生まれたのが表中津少童命(ウワナカツワタツミ)です。次に中筒男命 (ナカツツオ)です。

潮の上に浮かんで身を洗って生まれたのが表津少童命(ウワツワタツミ)です。次に表筒男命(ウワツツオ)です。

底筒男命(ソコツツノオ)、中筒男命 (ナカツツオ)、表筒男命(ウワツツオ)は住吉大神(スミノエノオオカミ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集