タケミカズチの方が適任

MENU
TOP>国譲り編>タケミカズチの方が適任
スポンサードリンク

タケミカズチの方が適任

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

故爾に天迦久神を使はして、天尾羽張神に問はしし時に、答へ白しけらく、「恐し。仕へ奉らむ。然れども此の道には、僕が子、建御雷神を遣はすべし。」とまをして、乃ち貢進りき。爾に天鳥船神を建御雷神に副へて遣はしたまひき。

現代語訳

天迦久神(アメノカク神)を派遣して、天尾羽張神(アメノオハバリ神)に聞いてみると、
「恐れ多いことです。お仕えしましょう。
しかし、この道には、わたしの子『建御雷神(タケミカズチ神)』を派遣するべきです」
と答えました。
そこで天鳥船神(アメノトリフネ神)を建御雷神(タケミカズチ神)に添えて、派遣しました。
スポンサードリンク

解説

親より子?
緒やであるオハバリが子供タケミカズチの方が、オオクニヌシとの交渉に向いていると、提言し、アメノトリフネ神とともに地上に降り立ちます。

タケミカズチは藤原氏の祖神とされ、日本書紀などではこの国譲りの最後の武力制圧ともいうべき役割を「フツ神」が果たしているところから、藤原氏への配慮と言われています。

それより、オハバリはなぜタケミカズチに役割を譲ったのでしょうか?? 自分でやればいいのに。

ニニギの天孫降臨
そもそもアマテラススサノオとの間に出来たアメノオシホミミ神に地上を治めさせる予定でした。しかし地上には既にオオクニヌシを首長とする荒ぶる神々が居ます。これから国譲りを迫り、このページの後で見事に国譲りを達成するのですが、結局アメノオシホミミは降臨せず、その息子ニニギが降ります。これを当時の政治状況の反映とする説があります。持統天皇と藤原不比等は持統天皇の息子草壁皇子ではなく、その孫の文武天皇を即位させます。この人間関係がニニギの天孫降臨と同じだというわけです。

いや、しかしちょっと待って
そもそも日本には幼さに魔力がある、という考え方があります。子供こそがエネルギーがあり、みずみずしい可能性に溢れている、という考え方です。このオハバリ神よりもタケミカズチが適任とした図式もニニギの図式もそういう思想の影響と考えた方がシックリするかも。もちろんどちらの図式も政治状況の反映という見方も出来ます。

参考:豊葦原之千秋長五百秋之水穂国
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集