古語拾遺24 景行天皇

MENU
TOP>古語拾遺(現代語訳)>古語拾遺24 景行天皇
スポンサードリンク

古語拾遺24 景行天皇

投稿日時:2019-08-29 20:47:28
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

至於纏向日代朝 令日本武命征討東夷 仍 枉道詣伊勢神宮 辭見倭姫命 以草薙釼授日本武命而教曰 慎莫怠也 日本武命 既平東虜 還至尾張国 納宮簀媛 淹留踰月 解釼置宅 徒行登胆吹山 中毒而薨 其草薙釼 今在尾張国熱田社 未叙禮典也

現代語訳

纏向の日代の朝廷の時代になりました。日本武命(ヤマトタケルミコト)に命じて、東の夷(エミシ=異民族)を征討させました。寄り道して伊勢神宮(イセノカミノミヤ)に参詣して、倭姫命(ヤマトヒメミコト)に別れを言いに会ったときに、草薙剣(クサナギノツルギ)を日本武命に授けて、教えて
「慎みてな怠りそ(=油断するなよ)」
と言いました。
日本武命は東の虜(アタ=敵)を平定して帰ることになりました。尾張国に到着して、宮簀媛(ミヤズヒメ)と結納して、久しく留まって、月日が流れました。剣を解いて宅に置いて、手に何も持たずに胆吹山(イブキヤマ)に登り、毒(アシキイフキ)に当たって、死んでしまいました。その草薙剣は今、尾張国の熱田社(アツタノヤシロ=熱田神宮)にあります。礼典(マツリ)に叙(ツギ)てられず。
スポンサードリンク

解説

景行天皇は垂仁天皇の子供。13代目天皇景行天皇自体も大和朝廷の領土の拡大をしているんですが、神話ではほぼほぼヤマトタケルに功績を取られている。
ここで書かれている話は古事記・日本書紀で書かれているものを簡略化したもの。
Pre<<< 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

スポンサードリンク

管理人リンク

編集