カミオオイチヒメ

MENU
TOP>用語・神名など>カミオオイチヒメ
スポンサードリンク

カミオオイチヒメ

漢字・読み神大市姫神
別名大市比売命
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●市場の女神。
オオヤマヅミの娘で、スサノオの妻として登場。

物語・由来

山の神のオオヤマヅミの娘
オオヤマヅミ神の娘であり、スサノオと結ばれてオオトシ神(大歳・大年神)とウカノミタマ神を産んだ女神。
市の価値
古代でも市場が設けられました。市場といっても、セリがあるのではなくて、ようは物々交換の場です。山の産物と里の産物、ほかにも海の物、もしくは船で運ばれてきた外国の物。これらが交換されます。物品のほとんどが、自然の産物であり神の贈り物。そこで市では神が祀られ、巫女が儀式を行いました。つまり「市」とは神の管理する場なのです。市場があるからこそ、多くの人が自分の仕事に専従できるのです。どんなに腕のいい漁師でも、魚だけ食べて生活は出来ません。米、野菜、土器、調味料、服、履物…様々なものを「交換できる」からこそ、自分の仕事に没頭できる。つまり市場は社会の「インフラ」です。市場がなければ、自分で米・野菜を作り、土器作りや裁縫もしないといけない。これじゃ自分の仕事が半端になります。市場は単に便利なものではなく「必須」なんです。そりゃ神格化しますよね。

カミオオイチヒメ神はその市場の巫女をモデルとして神格化した女神です。といっても全国共通の市の女神というわけではなく、市ごとに別々の神が祀られていました。カミオオイチヒメはその中で有名どころとして記紀に登場しました。
市の神はいろいろ
市に祀られた神は、他にも大黒様(=オオクニヌシ)、エビス様(=ヒルココトシロヌシスクナヒコナ)、イチキシマヒメ(市寸嶋比売命=宗像三女神・弁財天)、ウカノミタマ(宇迦之御魂神=お稲荷さん)、オオミヤノメ神(大宮能売神)と、日本神話に詳しくなくても聞いたことのある名前が並びます。どっちかというとカミオオイチヒメ神の方がマイナー。ただカミオオイチヒメ神とオオミヤノメ神以外は市の神ではなく、穀物神だったり福の神だったりと別の側面を持っています。
●市場は寺社が管理していました。この既得権益を破壊したのが織田信長の「楽市楽座」です。
スポンサードリンク

引用

須賀の宮の子供達
スサノオが櫛名田比売(クシナダヒメ)と交わって生んだ神様の名前は八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)といいます。

またスサノオが大山津見神(オオヤマヅミノカミ)の娘の神大市比売(カムオオイチヒメ)を娶って産んだ子は、大年神(オオトシカミ)と宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)です。

神社や関連する土地

市比売神社
大内神社
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集