第一段一書(一)天地が分かれて、その虚空に

MENU
TOP>日本書紀神代上>第一段一書(一)天地が分かれて、その虚空に

第一段一書(一)天地が分かれて、その虚空に

漢字・読みテンチガワカレテソノコクウニ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

ある書によると……

天地が分かれて、その虚空に何かがありました。その形を表現することは難しいようなものでした。

その中に神が現れました。

国常立尊(クニノトコタチ)です。
別名を国底立尊(クニノソコタチ)と言います。

次に国狭槌尊(クニノサツチ)。
別名を国狭立尊(クニノサタチ)です。

次に豊国主尊(トヨクニヌシ)です。
別名を豊組野尊(トヨクムノ)です。
またの別名を豊香節野尊(トヨカフシノ)です。
またの別名を浮経野豐買尊(ウカフノノトヨカヒ)です。
またの別名を豐国野尊(トヨクニノ)です。
またの別名を葉木国野尊(ハコクニノ)です。
またの別名を見野尊(ミノ)です。

古事記の対応箇所
天地開闢と造化三神の登場
特別な五柱の天津神
神世七代
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

登場神様のまとめ

国常立尊クニノトコタチ
国底立尊クニノソコタチ
国狭槌尊クニノサツチ
国狭立尊クニノサタチ
豊国主尊トヨクニヌシ
豊組野尊トヨクムノ
豊香節野尊トヨカフシノ
浮経野豐買尊ウカフノノトヨカヒ
豐国野尊トヨクニノ
葉木国野尊ハコクニノ
国見野尊クニミノ
スポンサードリンク

解説

ややこしいようですが、実質神様は三柱しか出ていません。ほとんどが「別名」です。これだけの多くの名前があるということは、それだけ豊かな神話があったということ、かもしれませんし、単に編纂時の権力者の都合かもしれません。
日本書紀の編纂時はまだ天皇の権力は曖昧だったとされていて、中央集権国家をなすには至っていませんでした。

原文

一書曰、天地初判、一物在於虛中。狀貌難言。其中自有化生之神。號國常立尊。亦曰國底立尊。次國狹槌尊。亦曰國狹立尊。次豐國主尊。亦曰豐組野尊。亦曰豐香節野尊。亦曰浮經野豐買尊。亦曰豐國野尊。亦曰豐囓野尊。亦曰葉木國野尊。亦曰見野尊。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集