上津綿津身神(ウワツワタツミノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>ウワツワタツミ
スポンサードリンク

ウワツワタツミ

漢字・読み上津綿津身神・表津少童命
別名表津少童命(ウワツワタツミ)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
イザナギが禊をして生まれた神の1柱。
●古事記では上津綿津身神。
日本書紀では表津少童命(ウワツワタツミ)。
●海の神であり、禊の神格化とも。
●阿曇連の祖先神。

物語・由来

上津綿津身神(ウワツワタツミノカミ)はイザナギ黄泉の国から帰還して、その体についた穢れを払おうと禊をした際に生まれた神の1柱。海の神であり、海運を司る神であり、禊(ミソギ)の神格化。

日本では海の神は3柱でセットになっている。これは海の航海の際にオリオン座の三連星の角度と位置から、方角などを知ったためではないかと言われています。

ワタツミは「海の神」という意味。海神としては、その後の山佐知毘古(ヤマサチヒコ)のところでも登場します。ただそこでは「海神」は1柱で、3柱で1セットじゃないです。となると海神を3柱1セットと考える「感覚」と、海神を1柱と考える「感覚」は、同種別系統の世界観と考えるべきかもしれません。

イザナギが海に飛び込んで、下段・中段・上段と生まれますよね。イザナギがカグツチを三段に切って神を産んだ時は、そういう分け方はなく、「1段は雷神・一段は大山祇神(オオヤマヅミ)・一段は一段は高龗(タカオカミ)」となっています。
そう考えると「順番」というのがここでは大事だったのでしょうね。そう考えるとオリオン座の説はかなり有力に思えます。
●海の神の別例としてサルタヒコの死後に生まれた神があります。これも3段で順番に生まれています。
参考サルタヒコが溺れる
スポンサードリンク

性格・能力

住吉三神が産まれる
水の底で身体を洗ったときに生まれた神が底津綿津身神(ソコツワタツミノカミ)。次に底筒之男命(ソコツツノオミコト)。

中ほどで成った神が中津綿津身神(ナカツワタツミノカミ)。次に中筒之男命(ナカツツノオミコト)。

水の上のほうで身体を洗ったときに生まれた神が上津綿津身神(ウワツワタツミノカミ)。次に上筒之男命(ウワツツノオミコト)。

この三柱の綿津見神(ワタツミノカミ)は阿曇連(アズミノムラジ)などの祖先神として祭っている神です。つまり阿曇連は綿津見神(ワタツミノカミ)の子、宇都志日金拆命(ウツシヒカナサクノカミ)の子孫です。

第五段一書(六)-4 海の神々
海の底で潜って身を洗って生まれたのが底津少童命(ソコツワタツミ)です。次に底筒男命(ソコツツノオ)です。

潮の中で潜って身を洗って生まれたのが表中津少童命(ウワナカツワタツミ)です。次に中筒男命 (ナカツツオ)です。

潮の上に浮かんで身を洗って生まれたのが表津少童命(ウワツワタツミ)です。次に表筒男命(ウワツツオ)です。
…(略)…
底津少童命(ソコツワタツミ)、表中津少童命(ウワナカツワタツミ)、表津少童命(ウワツワタツミ)は阿曇連(アズミノムラジ)達の祀る神です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集