歌の後、トミビコとの戦いへ

MENU
TOP>神武東征(古事記)>歌の後、トミビコとの戦いへ

歌の後、トミビコとの戦いへ

漢字・読みウタノアトトミビコトノタタカイヘ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

そう歌って、刀を抜いて
一気に土蜘蛛たちを殺してしまいました。

その後、登美毘古(トミビコ)を討とうとしたときに
歌った歌が――
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

土蜘蛛を倒し、そして次はトミビコ――つまりイワレビコの兄イツセ命の仇である、ナガスネヒコとの再戦の際の歌へとつながります。
読み手としては、かたき討ち、再戦、熊野を通って――かなりの遠回りをしての――戦いであることを思うと、もっと細かい記述があってもいいのではないか?と思いますが、やたらとあっさりしています。
スポンサードリンク

原文

かく歌ひて、刀を抜きて、一時に打ち殺しき。然る後に、登美毘古を撃たむとしたまひし時、歌ひて曰はく、
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集