垂仁天皇の治世

MENU
TOP>垂仁天皇(古事記)>垂仁天皇の治世

垂仁天皇の治世

漢字・読みスイニンテンノウノチセイ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

大帯日子淤斯呂和気命(オホタラシヒコオシロワケ=景行天皇)が天下を治めました。背の丈は一丈二寸(=3m)、脛(すね)が四尺一寸(=120cm)。

イニシキノイリヒコ命は灌漑用に血沼池と狭山池と日下の高津池を作りました。また鳥取の河上宮で、刀千本をつくり、石上神宮に奉納しました。

そのままイニシキノイリヒコ命はその宮で河上部を定めました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

景行天皇は3m
景行天皇の背丈は現在分かっている長さで言えば、背丈3m。ただしこれは現在の尺貫法から言えばの話で、「誇張」かもしれないですが、当時の尺貫法が全然違うのかもしれない。ただ景行天皇が大柄だったと言いたいのでしょう。
池を作る
イニシキノイリヒコ命が池を作り、旱魃対策を行った。刀を作って石上神宮に奉納した。ついでに河上部を定めました。河上部の「部」は大和朝廷の中での「役割」のこと。物部とか忌部とか大伴部とか、役割に「部」で氏族名とするみたいです。
スポンサードリンク

原文

かれ、大帯日子淤斯呂和気命(オホタラシヒコオシロワケノミコト)は、天下治らしめしき。御身の長一丈二寸、御脛の長さ四尺一寸なり。次に印色入日子命(イニシキノイリヒコノミコト)は、血沼池(チヌノイケ)を作り、また狭山池(サヤマノイケ)を作り、また日下の高津池と作りたまひき。また鳥取の河上宮(カハカミノミヤ)に坐して、横刀壱仟口を作らしめ、これを石上神宮(イソノカミノカムミヤ)に納め奉り、すなはちその宮に坐して河上部を定めたまひき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集