ニニギ編

MENU

ニニギ編

投稿:2013年03月13日 更新:2013年03月13日

要約

国譲りによって日本を手に入れた高天原の神々は、天照大神の息子のオシホミミを地上に降ろそうとしますが、オシホミミの子のニニギを下ろすことに決定します。理由は「幼いほうが霊威が強いから」という古代の日本人の常識があったからでしょう。

それで出雲に行くのかと思えば、九州南部に降臨します。
これは縄文人も弥生人も台湾・沖縄から九州南部に到達したからではないかと思われます。あらゆる文化が九州南部から伝わった…そういう「高天原系神話」の実際の始まりはニニギからなんでしょう。出雲とは別系統の神話だったんじゃないかと。

コノハナサクヤヒメとイワナガヒメの物語は東南アジアに見られる神話です。

「ニニギ編」のページ一覧

Page1 オシホミミ神、地上に降りなさい
Page2 息子ニニギを地上に
Page3 オシホミミの提案どおりにニニギが降る
Page4 サルタヒコが名乗る
Page5 五柱と共に降臨
Page6 三種の神器と神々をさらに追加
Page7 二柱の神は五十鈴宮に
Page8 アメノイワトワケ神とタヂカラオ神
天石戸別神と手力男神
Page9 五伴緒の子孫
Page10 ニニギ、筑紫の日向に降臨
Page11 アメノオシヒ命とアマツクメ命
天忍日命と天津久米命
Page12 大伴氏と久米氏の祖神
Page13 ニニギの天孫降臨
Page14 アメノウズメはサルタヒコに仕え猿女君と
Page15 サルタヒコが溺れる
Page16 ナマコの口を裂く
Page17 カムアタツヒメとの出会い
神阿多都比売との出会い
Page18 妹サクヤヒメと姉イワナガヒメ
Page19 結納品を添えて
Page20 サクヤヒメとニニギの契り
Page21 天皇の寿命は儚く
Page22 俺の子供じゃないでしょ
Page23 出産の誓約
Page24 火の三兄弟