安閑天皇・宣化天皇(日本書紀)

MENU

安閑天皇・宣化天皇(日本書紀)

投稿:2015年08月07日 更新:2015年08月07日
スポンサードリンク

要約

安閑天皇
安閑天皇即位1年1月 大倭国の勾金橋に遷都。
即位1年3月 仁賢天皇の娘の春日山田皇女を皇后に。
即位1年4月 玉を伊甚国造に求めるが、なかなか献上しないので問い責めると後宮に逃げ、皇后を驚かせたために罪が余計に重くなる。それで土地を献上して伊甚屯倉ができる。
即位1年5月 百済が下部脩徳嫡徳孫・上部都徳己州己婁を派遣し、貢物を献上する。
即位1年7月 大河内直味張に肥沃な田を献上するように命じるが、嘘をついて逃げようとする。
即位1年10月 妃に屯倉を与える。
即位1年閏12月 三嶋へ行幸。県主飯粒が喜んで田を献上したのに対して、味張は焦り、献上すると宣言。物部大連尾輿の首飾りを盗んだ幡媛(廬城部連枳莒喩の娘)が采女丁になる。武蔵国の笠原直使主と小杵の争い。
即位2年4月 勾舍人部・勾靫部を設置。
即位2年5月 各地に屯倉を設置。
即位2年8月 国ごとに犬飼部を設置。
即位2年9月 桜井田部連・県犬養連・難波吉士に屯倉の税を取らせる。牛を難波の大隈嶋と媛嶋松原に放つ。
即位2年12月 安閑天皇が勾金橋宮で崩御(70歳)
宣化天皇
宣化天皇即位1年1月 檜隈の廬入野に遷都。
即位1年3月 仁賢天皇の娘の橘仲皇女を皇后に。
即位1年7月 物部麁鹿火大連が死亡。
即位2年10月 新羅が任那に侵略。大伴金村の子の磐と狹手彥を派遣。
即位4年2月 宣化天皇が檜隈廬入野宮で崩御(73歳)。
スポンサードリンク

「安閑天皇・宣化天皇(日本書紀)」のページ一覧

Page1 安閑天皇(一)人間性と即位の経緯
Page2 安閑天皇(二)勾金橋への遷都・春日山田皇女を皇后に
勾金橋への遷都・春日山田皇女を皇后に
Page3 安閑天皇(三)大麻呂は伊甚国造に真珠を求める
大麻呂は伊甚国造に真珠を求める
Page4 安閑天皇(四)下部脩德嫡德孫・上部都德己州己婁の来朝
下部脩德嫡德孫・上部都德己州己婁の来朝
Page5 安閑天皇(五)大河内直味張の雌雉田
大河内直味張の雌雉田
Page6 安閑天皇(六)小墾田屯倉を紗手媛に・桜井屯倉を香々有媛に・難波屯倉を宅媛に
小墾田屯倉を紗手媛に・桜井屯倉を香々有媛に・難波屯倉を宅媛に
Page7 安閑天皇(七)県主飯粒は喜んで土地を献上・味張をクビ
県主飯粒は喜んで土地を献上・味張をクビ
Page8 安閑天皇(八)味張は钁丁を献上・三嶋竹村屯倉には河内県の部曲を
味張は钁丁を献上・三嶋竹村屯倉には河内県の部曲を
Page9 安閑天皇(九)廬城部連枳莒喩の娘の幡媛の罪・物部尾輿も土地を献上
廬城部連枳莒喩の娘の幡媛の罪・物部尾輿も土地を献上
Page10 安閑天皇(十)使主・小杵の国造をめぐる争い
使主・小杵の国造をめぐる争い
Page11 安閑天皇(十一)勾舍人部・勾靫部の設置
勾舍人部・勾靫部の設置
Page12 安閑天皇(十二)各地の屯倉
Page13 安閑天皇(十三)犬養部の設置・桜井田部連、県犬養連、難波吉士を税の司らせる
犬養部の設置・桜井田部連、県犬養連、難波吉士を税の司らせる
Page14 安閑天皇(十四)春日山田皇女と神前皇女を合葬する
春日山田皇女と神前皇女を合葬する
Page15 宣化天皇(一)出自と人となり
Page16 宣化天皇(二)遷都と大連と大夫の任命
Page17 宣化天皇(三)皇后と子息子女
Page18 宣化天皇(四)飢饉対策・那津之口に官家を
飢饉対策・那津之口に官家を
Page19 宣化天皇(五)磐と狹手彥の任那防衛
磐と狹手彥の任那防衛
Page20 宣化天皇(六)崩御と合葬
スポンサードリンク