鳥鳴海神以下の系譜

MENU
TOP>大国主>鳥鳴海神以下の系譜

鳥鳴海神以下の系譜

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

この鳥鳴海神(トリナルミ神)が日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテルヌカタビチオイコチニ神)を娶って生んだ子は国忍富神(クニオシトミ神)です。

この国忍富神(クニオシトミ神)が葦那陀迦神(アシナダカ神)、別名、八河江比売(ヤガワエヒメ)を娶って産んだ子は速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)です。

この速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)が、天之甕主神(アメノミカヌシ神)の娘の前玉比売(サキタマヒメ)を娶った産んだ子が甕主日子神(ミカヌシヒコ神)です。

この甕主日子神(ミカヌシヒコ神)が淤迦美神(オカミノカミ)の娘の比那良志毘売(ヒナラシヒメ)を娶った生んだ子が多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)です。

この多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)が比々羅木之其花麻豆美神(ヒヒラギソノハナマヅミ神)の娘の活玉前玉比売神(イクタマサキタマヒメ神)を娶って産んだ子が美呂浪神(ミロナミ神)です。

この美呂浪神(ミロナミ神)が敷山主神(シキヤマヌシ神)の娘の青沼馬沼押比売(アオヌウマヌオシヒメ)を娶った生んだ子が布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)です。

この布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)が若尽女神(ワカツクシヒメ神)を娶って生んだ子が天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)です。

この天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)が天狭霧神(アマノサギリ神=アメノサギリ神)の娘の遠津待根神(トオツマチネ神)を娶った産んだ子が遠津山岬多良斯神(トオツヤマサキタラシ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

名前間違ってるかもしれないです。しかしややこしい。このページに限っては兄弟姉妹という記述は無く、ただ下へ下へと伸びる系譜です。これらの系譜のほとんどが名義未詳で、よくわかりませんが、一つ以前にも出ている名前があります。それがオカミ神です。
参考:布波能母遅久奴須奴神の子孫
上のページを見ると、スサノオの孫にオカミ神の娘が嫁いでいます。これだけを持ってどうこういうのはアレですが、他の名前も史実を元にして書かれたのではないか?と思います。
この時代では女性上位で、夫が嫁の家に通う「通い婚」です。となると嫁の父親が次の主張である子供を育てることになり、影響力が増します。ならば、首長、ここではつまりオオクニヌシの家系に娘を送り込むことこそが政治闘争そのものということになります。平安時代の摂関政治と同じです。実在の人物でなくとも、豪族の氏神の名前が並んでいるのかも。
スポンサードリンク

原文

此の神、日名照額田毘道男伊許知邇神を娶して生める子は、国忍富神。此の神、葦那陀迦神、亦の名は八河江比売を娶して生める子は、速甕之多気佐波夜遅奴美神。此の神、天之甕主神の女、前玉比売を娶して生める子は、甕主日子神。此の神、淤迦美神の女、比那良志毘売を娶して生める子は、多比理岐志麻流美神。此の神、比々羅木之其花麻豆美神の女、活玉前玉比売神を娶して生める子は、美呂浪神。此の神、敷山主神の女、青沼馬沼押比売を娶して生める子は、布忍富鳥鳴海神。此の神、若尽女神を娶して生める子は、天日腹大科度美神。此の神、天狭霧神の女、遠津待根神を娶して生める子は、遠津山岬多良斯神。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集