大名方王(オオナガタノミコ)

MENU
TOP>用語・神名など>オオナガタノミコ
スポンサードリンク

オオナガタノミコ

投稿日時:2018-10-06 10:07:06
漢字・読み大名方王
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

大名方王(オオナガタノミコ)

大名方王(オオナガタノミコ)は古事記に登場する人物名。性別ははっきりしないが一般的には男性と見られている。配偶者・子孫の記述もない。日本書紀に対応する人物は見られないが、父親である大江王(=彦人大兄)と妹の大中比売命(大中姫=仲哀天皇の妃)は登場するので、省略されただけだと思われる。
妹に大中比売命(オホナカツヒメ=大中津比売・大中姫)がいる。大中比売命香坂王忍熊王の母親。香坂王忍熊王は日本神話最強ヒロインの神功皇后に楯突いて死んだ兄弟。

家系

景行天皇
配偶者不明
銀王(シロガネ)

大江王(オオエ=大枝王)…景行天皇の皇子
銀王(シロガネ)…景行天皇の皇女で大江王とは異腹妹
大名方王(オオナガタ)
大中比売命(オホナカツヒメ=大中津比売・大中姫)
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
迦具漏比売命から大中比売命へ
大帯日子天皇(オオタラシヒコ=景行天皇)がこの迦具漏比売命(カグロヒメ)を娶って生んだ子供が、大江王(オオエ)です。
このオオエ王が腹違いの妹である銀王(シロガネ)を娶って生んだ子供が大名方王(オオナガタ)、大中比売命(オホナカツヒメ)です。
大中比売命(オホナカツヒメ)は香坂王(カゴサカノミコ)・忍熊王(オシクマノミコ)の母です。
Pre<<< 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
スポンサードリンク

管理人リンク

編集