大中津比売命

MENU
TOP>用語・神名など>大中津比売命
スポンサードリンク

大中津比売命

投稿日時:2018-05-27 16:27:40
漢字・読みオオナカツヒメノミコト
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

大中津比売命

大中津比売命(オオナカツヒメノミコト)は古事記に登場する人物名。女性。古事記内では「大中比売命」とも表記され、表記の揺れがある。彼女の父親の大江王大枝王という記述の揺れがある。父親は古事記によると大江王大枝王)、母親は銀王で、どちらも景行天皇(12代)の皇子・皇女。つまり異腹兄妹の結婚。当時は珍しいものではなかった。

仲哀天皇(14代)と結婚し、香坂王忍熊王を産む。大中津比売命は景行天皇の孫にあたり、血筋から考えれば大中津比売命が「皇后」なのだが、実際は後から結婚した神功皇后が「皇后」となり、実質的な女性天皇にまでなっている。また神功皇后と大中津比売命の子供の香坂王忍熊王が敵対し、香坂王忍熊王が2人とも死んでいることを考えると、この辺りは実質的な「女系」の血統の交代があったと考えたほうが自然なんじゃないかと思う。
神功皇后ももとを辿れば開化天皇(9代)にまで遡れる。それでもどう考えても大中津比売命の方が皇后としてふさわしいと思われる。
スポンサードリンク

出自と子孫

出自
大江王大枝王)…景行天皇の皇子
銀王…景行天皇の皇女…大江王の異腹の妹
大名方王(オオナガタ)
大中比売命


婚姻と子孫
古事記によると
仲哀天皇
大中津比売命(オオナカツヒメ)…大江王(オオエ)の娘
香坂王(カゴサカノミコ)
忍熊王(オシクマノミコ)

日本書紀によると
仲哀天皇
大中姫(オオナカヒメ)…彦人大兄(ヒコヒトノオオエ)の娘
麛坂皇子(カゴサカノミコ)
忍熊皇子(オシクマノミコ)
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
迦具漏比売命から大中比売命へ
このオオエ王が腹違いの妹である銀王(シロガネ)を娶って生んだ子供が大名方王(オオナガタ)、大中比売命(オホナカツヒメ)です。
大中比売命(オホナカツヒメ)は香坂王(カゴサカノミコ)・忍熊王(オシクマノミコ)の母です。

穴門の豊浦、筑紫の訶志比宮
仲哀天皇は大江王(オオエ)の娘である大中津比売命(オオナカツヒメ)を娶って、香坂王(カゴサカノミコ)・忍熊王(オシクマノミコ)の2柱が生まれました。

日本書紀からの引用
仲哀天皇(四)皇后と妃とその子息
即位2年春1月11日。氣長足姫尊(オキナガタラシヒメノミコト)を皇后としました。これ以前に叔父の彦人大兄(ヒコヒトノオオエ)の娘の大中姫(オオナカヒメ)を娶って妃としていました。麛坂皇子(カゴサカノミコ)・忍熊皇子(オシクマノミコ)を生みました。
Pre<<< 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
スポンサードリンク

管理人リンク

編集