蝿伊呂杼(ハエイロド)

MENU
TOP>用語・神名など>ハエイロド
スポンサードリンク

ハエイロド

漢字・読み蝿伊呂杼
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

蝿伊呂杼(ハエイロド)

蝿伊呂杼(ハエイロド)は古事記に登場する女性の名前。
孝霊天皇(7代)の妃の一人。
表記
古事記では表記は蝿伊呂杼(ハエイロド)。
日本書紀では「ハエイロド」の名前はないが、子供の名前から対応する女性は登場する。ただし単に「妃」としか書かれていない。
蝿伊呂泥(ハエイロネ)は姉。
姉の蝿伊呂泥(ハエイロネ)…別名、意富夜麻登玖邇阿礼比売(オオヤマトクニアレヒメ)は孝霊天皇の妃となり、有名な倭迹々日百襲姫(ヤマトトトヒモモソヒメ)や吉備津彦などを生んでいます。古事記では孝元天皇(8代)の時代に、姉の子の吉備津彦と、蝿伊呂杼(ハエイロド)の子の若日子建吉備津日子命(ワカヒコタケキビツヒコミコト)が吉備へ遠征に行く物語があります。
物語に強く関係する血統です。
スポンサードリンク

出自

古事記によれば
祖父安寧天皇(3代)の子供の師木津日子命(シキツヒコミコト
祖母記述なし
和知都美命(ワチツミノミコト
伊賀の須知(スチ)の稲置(イナキ)・那婆理(ナバリ)の稲置・三野の稲置の祖先

和知都美命(ワチツミノミコト)
記述なし
蝿伊呂泥(ハエイロネ…姉、別名が意富夜麻登久邇阿札比売(オホヤマトクニアレヒメノミコト)
蝿伊呂杼(ハエイロド)

日本書紀には蝿伊呂杼(ハエイロド)の出自に関する記載はない。
スポンサードリンク

子供と子孫

古事記
孝霊天皇
蝿伊呂杼(ハエイロド)
日子寢間命(ヒコサメマノミコト)…子孫に針間の牛鹿臣(ウシカノオミ)
若日子建吉備津日子命(ワカヒコタケキビツヒコノミコト)…吉備の下道臣(シモツミチノオミ)・笠臣(カサノオミ)の祖先。

日本書紀
孝霊天皇(日本書紀)
妃…名前はないが子供の名前から古事記のハエイロドと同一と見られる。
彦狹嶋命(ヒコサシマノミコト)
稚武彦命(ワカタケヒコノミコト)…吉備臣(キビノオミ)の始祖
スポンサードリンク

名前から考える

イロドとは同腹の弟妹のこと。
ハエとは何か?が不明だけども、日本書紀には「磯城縣主葉江(シキノアガタヌシハエ)」なる人物が、古事記には県主波延(アガタヌシノハエ)なる人物が欠史八代の記述によく登場するので、この人物に関係しているのか、「ハエ」という言葉が集団を象徴する何かの名前なのか、ともかく関係しているのでしょう。

古事記からの引用

安寧天皇
う一人の和知都美命(ワチツミノミコト)は淡道(アハジ)の御井宮(ミイノミヤ)にいました。ワチツミ命には娘が二人いました。姉が蝿伊呂泥(ハエイロネ)、別名を意富夜麻登久邇阿札比売(オホヤマトクニアレヒメノミコト)といいます。妹の名前が蝿伊呂杼(ハエイロド)といいます。

孝霊天皇
阿礼比売命(=オオヤマトクニアレヒメのこと)の妹の蝿伊呂杼(ハエイロド)を娶った産んだ子供が
日子寢間命(ヒコサメマノミコト)
若日子建吉備津日子命(ワカヒコタケキビツヒコノミコト)
のニ柱です。
スポンサードリンク

日本書紀からの引用

孝霊天皇(日本書紀)
また別の妃が(上記の皇子と妃の)弟として、生彦狹嶋命(ヒコサシマノミコト)と稚武彦命(ワカタケヒコノミコト)を生みました。稚武彦命(ワカタケヒコノミコト)は吉備臣(キビノオミ)の始祖(ハジメノオヤ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集