宇陀の血原

MENU
TOP>神武東征(古事記)>宇陀の血原

宇陀の血原

漢字・読みウダノチハラ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

エウカシをすぐに罠から引き出して、斬り散らしました。

それでこの土地を宇陀の血原(ウダノチハラ)といいます。

そうして弟宇迦斯(オトウカシ)が献上した大饗(=ご馳走)は、すべてイワレビコの軍に与えました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

ところでエウカシ
道臣命と大久米命の関係は?

前のページで突然登場した道臣命と大久米命は、エウカシとはどういったご関係なのでしょうか。道臣命と大久米命の子孫である大伴氏と久米氏は古代での軍事を司る氏族ですから、この二人がエウカシを追い詰めて切り殺したこと自体はそれほど不思議ではないのですが、「エウカシを罵って、従わせる」ほどの関係だった理由は全く語られていません。ニニギを先導して降り立ったはずのアメノオシヒ命とアマツクメ命がなぜ、紀伊半島の山奥にいるのか??

日の皇子が海の向こうからやってくるのが前提
高天原が遣わせたヤタガラス熊野由来の信仰。ニニギ共に光臨したはずの神々の子孫である道臣命と大久米命が畿内に居る。矛盾していると思います。その原因は、物語の主観が「イワレビコ」側から描かれているためです。実際には畿内の人が描いているのに――です。

畿内には「海の向こうから神が来る」という考えがあり、神の子である皇子が日向から――つまり海の向こうから――やってくるというのがこの物語の大事なベースなわけです。だから、ニニギと共に降りたはずの神の子孫が畿内にいても何ら不思議じゃないわけです。多分。
スポンサードリンク

原文

ここに即ち控き出して斬り散りき。故、其地を宇陀の血原と謂ふ。然してその弟宇迦斯が献りし大饗は、悉にその御軍に賜ひき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集