仲哀天皇(古事記)

MENU

仲哀天皇(古事記)

投稿:2013年10月06日 更新:2013年10月06日
スポンサードリンク

要約

仲哀天皇、というよりは神功皇后応神天皇のための段。
スポンサードリンク

「仲哀天皇(古事記)」のページ一覧

Page1 穴門の豊浦、筑紫の訶志比宮
Page2 大鞆和気命の名前の理由
Page3 神がかる、オキナガタラシヒメ
Page4 西の方に国あり
Page5 汝は一道に向ひたまへ
Page6 なほ大御琴をあそばせ
Page7 大祓いと罪悪
Page8 汝命の御腹に坐す御子
Page9 その神の腹に坐す御子
Page10 三柱の大神の御名は顕れき
Page11 海原の魚、大小きを問はず悉に御船を負ひて渡りき
Page12 新羅の国に押し騰りて
Page13 新羅国は御馬甘 百済国は渡の屯家
Page14 宇美と伊斗村
Page15 筑紫の末羅県の玉島里
Page16 忍熊王の反逆
Page17 香坂王を咋ひ食みき
Page18 その態を畏まずて軍を興し
Page19 山代に到りし時、還り立ちて各退かずて相戦ひき
Page20 息長帯日売命は既に崩りましぬ
Page21 鳰鳥の淡海の海に
Page22 伊奢沙和気大神が夢に出る
Page23 我に御食の魚を給ひき
Page24 酒の司 常世に坐す 石立たす 少名御神
Page25 御子の為に答へて歌ひて曰はく
スポンサードリンク