タクハタチヂヒメ

MENU
TOP>用語・神名など>タクハタチヂヒメ
スポンサードリンク

タクハタチヂヒメ

漢字・読み栲幡千々姫神
別名万幡豊秋津師比売命・天万栲幡媛命(アマヨロズタクハヒメノミコト)・天萬栲幡千幡姬(アマヨロズタクハチハタヒメ))
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

高木神・高皇産靈尊(タカミムスビミコト)の娘で、古事記では万幡豊秋津師比売命(ヨロヅハタトヨアキツシヒメノミコト)。日本書紀では栲幡千千姫(タクハタチヂヒメ)・栲幡千千姫萬幡姫命(タクハタチヂヒメヨロズハタヒメノミコト)・天萬栲幡媛命(アマヨロヅタクハタチハタヒメ)・萬幡姫(ヨロズハタヒメ)と書かれます。名前が多少は違っていても、同じと考えて問題ないでしょう。
まとめ
タカミムスビの娘。
機織りの女神。
●オシホミミと結ばれ、皇統につながる神(ニニギ)を生んだ。
タカミムスビ高木神)は、高天原で指導的立場になることを考えると、「皇統の嫁の父は権力者になる」という摂関政治の原型かと。
スポンサードリンク

物語・由来

造化三神タカミムスビの娘で、アメノオシホミミ神と結ばれて、アメノホアカリ神とニニギ神を産みます。美人、という記述は特にありませんが、美女として描かれることの多い女神です。

まるでその後の摂関政治のようにアマテラスの子孫に娘を嫁がせて影響力を持ったタカミムスビ。その娘のタクハタチヂヒメ。単に政略結婚のコマというわけではなく、機織りという聖なる技能をもった神さまです。
機織りなんて、と思うかもしれませんが、「天女の羽衣」というように優れた機織り技能は神に近い――つまり神と交信する機能とされ、「羽衣」は特別な存在でした。古代では村の祭りで巫女が織物をして神の衣を織るという儀式もありました。
スポンサードリンク

引用

オシホミミの提案どおりにニニギが降る
アメノオシホミミ
高木神(タカギ神)の娘の万幡豊秋津師比売命(ヨロヅハタトヨアキツシヒメノミコト)と
結ばれて生まれたのが
天火明命(アメノホアカリノミコト)。
次に日子番能邇邇芸命(ヒコホノニニギノミコト)。

第九段本文―1 葦原中国の邪神を追い払って平定したい
天照大神(アマテラスオオミカミ)の子の正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊(マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノミコト)は、高皇産靈尊(タカミムスビノミコト)の娘の栲幡千千姫(タクハタチヂヒメ)を娶って天津彦彦火瓊瓊杵尊(アマツヒコヒコホノニニギノミコト)を生みました。

第九段一書(六)—1天火明と天津彦根火瓊瓊杵根尊
天忍穗根尊(アメノオシホネノミコト)は高皇産靈尊(タカミムスビノミコト)の娘の栲幡千千姫萬幡姫命(タクハタチヂヒメヨロズハタヒメノミコト)…別名を高皇産靈尊(タカミムスビノミコト)の子の火之戸幡姫(ホノトハタヒメ)の子の千千姫命(チヂヒメノミコト)を娶って生んだ子が、天火明命(アマノホノアカリノミコト)、次に天津彦根火瓊瓊杵根尊(アマツヒコネホノニニギノミコト)を生みました。

第九段一書(七)日向神話の系譜異伝
ある書によると…
高皇産靈尊(タカミムスビノミコト)の娘は天萬栲幡媛命(アマヨロヅタクハタチハタヒメ)です。
別伝によると…
高皇産靈尊(タカミムスビノミコト)の娘の萬幡姫(ヨロズハタヒメ)の娘が玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)です。この女神は天忍骨命(アメノオシホネノミコト)の妃となって、天之杵火火置瀨尊(アメノギホホオキセノミコト)を生みました。
スポンサードリンク

神社や関連する土地

塩沢神社
椿大神社
泉穴師神社
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集