ヤマトタケルの子孫・系譜

MENU
TOP>景行天皇(古事記)>ヤマトタケルの子孫・系譜
スポンサードリンク

ヤマトタケルの子孫・系譜

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

この倭建命ヤマトタケル)、伊玖米天皇(イクメノスメラミコト)の女、布多遅能伊理毘売命(フタジノイリビメノミコト)を娶して生みましし御子、帯中津日子命(タラシナカツヒコノミコト)。一柱。またその海に入りたまひし弟橘比売命(オトタチバナヒメノミコト)を娶して生みましし御子、若建王(ワカタケルノミコ)。一柱。また近淡海の安国造(ヤスノクニノミヤツコ)の祖、意富多牟和気(オホタムワケ)の女、布多遅比売(フタジヒメ)を娶して生みましし御子、稲依別王(イナヨリワケノミコ)。一柱。また吉備臣建日子(キビノオミタケヒコ)の妹、大吉備建比売(オオキビタケヒメ)を娶して生みましし御子、建貝児王(タケカイコノミコ)。一柱。また山代(ヤマシロ)の玖々麻毛理比売(ククマモリヒメ)を娶して生みましし御子、足鏡別王(アシカガミワケノミコ)。一柱。また一妻の子、息長田別王(オキナガタワケノミコ)。凡そこの倭建命の御子等、并せて六柱なり。かれ、帯中津日子命(タラシナカツヒコノミコト)は天の下治らしめき。
スポンサードリンク

現代文訳

ヤマトタケル
伊玖米天皇(イクメ=垂仁天皇)の娘の布多遅能伊理毘売命(フタジノイリビメ)を娶った生んだ子が
帯中津日子命(タラシナカツヒコ=仲哀天皇)です。

また海に身を投げてヤマトタケルを救った弟橘比売命(オトタチバナヒメ)を娶って生んだ子が若建王(ワカタケル)です。

近江の安国造(ヤスノクニノミヤツコ)の祖先の、意富多牟和気(オオタムワケ)の娘の布多遅比売(フタジヒメ)を娶って生んだ子が稲依別王(イナヨリワケ)です。

吉備臣建日子(キビノオミタケヒコ)の妹の大吉備建比売(オオキビタケヒメ)を娶って生んだ子が建貝児王(タケカイコ)です。

山代の玖々麻毛理比売(ククマモリヒメ)を娶って生んだ子が、足鏡別王(アシカガミワケ)です。

またある夫人が生んだ子が息長田別王(オキナガタワケ)です。

ヤマトタケルの子供は合わせて6柱。

このうち帯中津日子命(タラシナカツヒコ)が天下を治めました。
スポンサードリンク

解説

景行天皇の段も大詰め。最後にヤマトタケルの子孫や系譜が書かれます。子孫が多いことはつまり、精力があった、ということかもしれませんが、それだけ影響力があり、力があった。ということです。

ヤマトタケルはミヤズヒメに「ミケ」を捧げられていましたし、オトタチバナヒメは「后」とされました。ヤマトタケルは天皇だった可能性が高い。しかも相当に有名で勇猛で強い天皇だった。

ヤマトタケルは垂仁天皇の娘の間に仲哀天皇を設けます。また近江・吉備・山代の娘とも結ばれています。系譜からみても、后にしても、単なる皇子とは思えない。ヤマトタケルは神話性が強いがある程度は史実であり、闇に葬られたが、葬りきれなかった英雄。葬りきれないほど人々の心に残っていたのではないでしょうか。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集