古語拾遺10 大己貴神

MENU
TOP>古語拾遺(現代語訳)>古語拾遺10 大己貴神
スポンサードリンク

古語拾遺10 大己貴神

投稿日時:2019-01-23 16:35:45
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

大己貴神 【一名大物主神 一名大国主神 一名大国魂神者 大和国城上郡大三輪神是也】 與少彦名神 【高皇産靈尊之子 遁常世国也】 共戮力一心 經營天下 爲蒼生畜産 定療病之方 又 爲攘鳥獸昆虫之灾 定禁厭之法 百姓至今 咸蒙恩賴 皆有效驗也

現代語訳

大己貴神(オオクニノカミ)…
又の名は大物主神(オオモノヌシノカミ)、またの名は大国主神(オオクニヌシノカミ)、またの名は大国魂神(オオクニタマノカミ)です。大和国城上郡大三輪神がこれです。

と、少彦名神(スクナヒコナノカミ)…
高皇産靈尊(タカミムスヒノミコト)の子です。常世国(トコヨノクニ)に行きました。

と共に力を合わせ、心を一つにして天下を経営(ツク)りました。蒼生(アオヒトクサ=人民)・畜産(ケモノ)のために、病を治療する方法を定めました。また、鳥獣・昆虫の災いを払うための禁厭する方法を定めました。それで百姓が今に至るまでに命を繋いでいるのです。非常に効果がありました。
スポンサードリンク

解説

Pre<<< 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

スポンサードリンク

管理人リンク

編集