国譲り編

MENU

国譲り編

投稿:2013年03月13日 更新:2013年03月13日

要約

大国主とスクナヒコナが作り上げた「日本」を高天原から来た刺客が虎視眈々と狙い、ついには奪ってしまいます。

これを歴史の事実と取るのか、ただの神話ととるのか? 長いこと単なる神話と思われていましたが、出雲大社がかつて異常なほどの高層建築だったことや、纒向遺跡の建物の形式が「伊勢」と「出雲」の融合したものだったことから、国譲りは単なる神話ではないと考えられるようになりました。

そう考えると、国譲りは、出雲が国を奪われたのか?それとも、出雲の一部がヤマトを作ったのか?という話になります。前方後円墳に出雲が発祥の鉄器が残っていることや、出雲の土器が古墳に使われていること、大国主の子孫の事代主(コトシロヌシ)の娘が神武天皇綏靖天皇の皇后に嫁いでいる記述があることを考えても、出雲と大和の関係は単純に大和が出雲を征服したということでは無いよう。

しかし、出雲が衰退したことも事実ですし、国譲りの神話があるということは、大和が勝利したのは間違いない。

この国譲りの神話の根底にあるのが、「政治的な争い」だったのか、経済の中心が出雲から大和に移ったという「経済的な争い」だったのか。もっと別の理由なのか。
ともかくこの辺りの話は魅力的です。

「国譲り編」のページ一覧

Page1 豊葦原之千秋長五百秋之水穂国
Page2 地上がひどく騒がしい
Page3 乱暴な国津神を静かにさせる神は?
Page4 復命しないアメノホヒ
Page5 アメノワカヒコに弓と矢を持たせて地上へ
Page6 キジを派遣しよう
Page7 ナキメを射殺すアメノワカヒコ
Page8 キジを射抜いた矢が天安河の河原に
Page9 アメノワカヒコの死
Page10 アメノワカヒコの葬式
Page11 アメノワカヒコが生き返った?!
Page12 タカヒコネが喪屋を破壊
Page13 飛びさるタカヒコネ
Page14 タカヒメの歌
Page15 第三の案について
Page16 オハバリ神とタケミカヅチ神
Page17 タケミカズチの方が適任
Page18 切先にあぐらをかく武神
Page19 タケミカヅチの恫喝
Page20 コトシロヌシ神は魚釣りへ
Page21 天の逆手を打って篭もる言代主神
Page22 タケミナカタ神が居ます
Page23 力比べの提案
Page24 手が氷の刃と化す
Page25 タケミナカタの敗北
Page26 国譲りを再度問う
Page27 幽界へ隠退いたしましょう
Page28 料理人クシヤタマ神
Page29 魚料理を献上しましょう
Page30 言向け和平し