天照大神と素戔嗚尊

MENU

天照大神と素戔嗚尊

投稿:2013年03月12日 更新:2013年03月12日

要約

素戔嗚(スサノオ)が高天原に上がり、そこで天照大神(アマテラスオオミカミ)と誓約をしてから、その後、素戔嗚が狼藉を働いた結果、天照大神が天岩戸に籠もり、天岩戸事件が解決した後に、素戔嗚が出雲に降り、ヤマタノオロチを退治するところまでが描かれています。

創世編が世界が出来、その基本的なルールが定められたのに対して、この編では「日本人の価値観」が提示されています。
⚫︎誓約と言霊という日本人の感覚。
⚫︎罪の穢れが天変地異を呼ぶという感覚。
⚫︎罪の穢れを祓う必要があること。
⚫︎素戔嗚という元犯罪者という英雄像。
⚫︎ヤマタノオロチという農業神。
などです。

「天照大神と素戔嗚尊」のページ一覧

Page1 三貴神の分割統治
Page2 荒ぶる速須佐之男命は母恋しく
Page3 須佐之男を迎え撃つアマテラス
両足が地面にめり込むほどに踏み込み臨戦態勢を取る
Page4 身の潔白の証明、誓約
Page5 宗像三女神の誕生
三柱の女神が生まれる
Page6 男神五柱の誕生
Page7 子供たちを分ける
Page8 誓約の神々の系譜
Page9 調子に乗る弟神
Page10 アマテラスはポジティブシンキング
それでもポジティブシンキング
Page11 素行不良が過ぎる
Page12 天岩戸に籠る
Page13 思金神の策
Page14 なにごとかと覗く
Page15 日の光が戻る
Page16 罰を与える八百万の神々
Page17 オオゲツヒメのおもてなし
大気津比売神のおもてなし
Page18 五穀が生まれる
Page19 出雲に降りたった
Page20 テナヅチ・アシナヅチ
Page21 大蛇への生贄
Page22 ヤマタノオロチについて
目はホオズキのように赤く体が一つ頭が八つ尻尾が八つ
Page23 ヤマタノオロチの姿形について
体には日陰蔓や檜や杉が生え…
Page24 老夫婦に名乗る
Page25 大蛇退治の妙案
Page26 酒を飲んで寝る大蛇
Page27 刀が欠けてしまう
Page28 クサナギの剣があらわれる
Page29 すがすがしいなぁ
Page30 日本最初の歌