敏達天皇(日本書紀)

MENU

敏達天皇(日本書紀)

投稿:2015年09月20日 更新:2015年09月20日

要約

即位1年4月 敏達天皇即位。百済大井に宮殿を作る。
即位1年5月 高麗の使者が相楽の館に居ると聞いて敏達天皇が悲しむ。高麗の国書を臣下に読ませるが読めず、王辰爾が読んだ。王辰爾は宮仕えに。
即位1年6月 高麗の大使が以前、騙されて税を収めたことを副使に責任を問うと、副使に殺された。
即位2年5月 高麗の使者が越の海岸で船が壊れた。吉備海部直難波に使者を送らせた。
即位2年7月 難波と高麗の使者が反逆に備えていたが、難波が強くなって高麗の使者を海に投げ入れて殺した。
即位2年8月 難波は殺害を隠して、報告するが、嘘がバレて故郷に返さなかった。
即位3年5月 高麗が越の海岸に停泊。
即位3年7月 高麗の使者が、難波が殺害し帰国できなかった件を問う。天皇が難波を断罪する。
即位3年10月 蘇我馬子を吉備に派遣して白猪屯倉と田部を増やす。王辰爾の弟の牛を津史に。
即位3年11月 新羅が税を献上した。
即位4年1月 敏達天皇は息長真手王の娘の広姫を皇后に。
即位4年2月 蘇我馬子が帰る。百済が税を献上。敏達天皇が「任那の再建」をせっつく。
即位4年4月 新羅・百済・任那に使者を派遣。
即位4年6月 新羅が使者を派遣し、税を献上。
即位4年 訳語田に幸玉宮を作る。
即位4年11月 広姫が死亡。
即位5年3月 豊御食炊屋姫尊(=のちの推古天皇)を皇后に。
即位6年2月 日祀部・私部を設置。
即位6年5月 大別王と小黒吉士を派遣して百済の宰相に。
即位6年11月 百済は帰国する大別王にお経や人材を添えた。
即位7年3月 菟道皇女が伊勢の斎宮に。しかし池辺皇子に犯され、解任に。
即位8年10月 新羅が使者を派遣して、税を献上し、仏像を送る。
即位9年6月 新羅は使者を派遣して、税を献上するが、日本が拒絶。
即位10年閏2月 蝦夷の反逆。天皇が誅殺を詔すると、三諸岳で従属を誓う。
即位11年冬10月 新羅が使者を派遣して、税を献上するが、日本が拒絶。
即位12年7月 任那の再建を詔し、達率日羅に任せようとする。
即位12年10月 百済が人材の排出を嫌い、達率日羅を出さなかった。結局、人手を出す。日羅は難波で德爾たちにより暗殺される。德爾は捕らえられ、日羅の親族によって殺される。
即位13年2月 難波吉士木蓮子を新羅に使者をして派遣。任那へ。
即位13年9月 百済から来た鹿深臣が弥勒菩薩の石像を、佐伯連が仏像を持ち帰る。
即位13年 蘇我馬子がこれらの仏像を祀り、部下の娘の善信尼・禅藏尼・惠善尼を出家させる。仏教の始まり。
即位14年2月 蘇我馬子が塔を建て、仏舎利を収める。蘇我馬子が病気に。占いによると、蘇我稲目の時に祀った仏が祟っているとした(稲目の仏像は海に捨てられた)。疫病が流行して国民が死んだ。
即位14年3月 物部守屋と中臣勝海大夫が蘇我氏の仏教信仰を批判。蘇我馬子が建てた塔を焼き払う。尼たちに鞭打ちを行う。天皇は任那再建のために坂田耳子王を派遣したが、天皇と物部守屋は病気になり、派遣は中止。疫病で死ぬものが増えた。原因は仏像を焼いたからではないか?と噂される。
即位14年6月 蘇我馬子は疫病を鎮めるためには仏教が必要と訴える。馬子は尼を取り戻し、寺を建てた。
即位14年8月 敏達天皇が崩御。天皇の殯宮で物部守屋と蘇我馬子が罵り合う。

「敏達天皇(日本書紀)」のページ一覧

Page1 敏達天皇(一)出自と百済大井宮
Page2 敏達天皇(二)烏の羽に書いた高麗の国書を王辰爾は読む
烏の羽に書いた高麗の国書を王辰爾は読む
Page3 敏達天皇(三)館の中庭での大使の暗殺
館の中庭での大使の暗殺
Page4 敏達天皇(四)吉備海部直難波による高麗使者の殺害
吉備海部直難波による高麗使者の殺害
Page5 敏達天皇(五)鯨が船の櫂を食べたから・送使難波の言い訳
鯨が船の櫂を食べたから・送使難波の言い訳
Page6 敏達天皇(六)難波の罪を数える
難波の罪を数える
Page7 敏達天皇(七)田部の名籍を白猪史の胆津に
田部の名籍を白猪史の胆津に
Page8 敏達天皇(八)皇后と妃と子息子女
Page9 敏達天皇(九)任那のことは怠ることがないように
任那のことは怠ることがないように
Page10 敏達天皇(十)豊御食炊屋姫尊を新たな皇后へ
豊御食炊屋姫尊を新たな皇后へ
Page11 敏達天皇(十一)日祀部と私部・日本の使と朝鮮の宰
日祀部と私部・日本の使と朝鮮の宰
Page12 敏達天皇(十二)律師・禅師・比丘尼・呪禁師・造佛工・造寺工を難波の大別王の寺に
律師・禅師・比丘尼・呪禁師・造佛工・造寺工を難波の大別王の寺に
Page13 敏達天皇(十三)菟道皇女と池辺皇子
菟道皇女と池辺皇子
Page14 敏達天皇(十四)魁帥綾糟の三諸岳の誓い
魁帥綾糟の三諸岳の誓い
Page15 敏達天皇(十五)安刀奈末と失消奈末の調は満足できるものではなかった
安刀奈末と失消奈末の調は満足できるものではなかった
Page16 敏達天皇(十六)火葦北國造阿利斯登の子の日羅を呼び寄せる
火葦北國造阿利斯登の子の日羅を呼び寄せる
Page17 敏達天皇(十七)お前の根を、わたしの根の内に入れよ
お前の根を、わたしの根の内に入れよ
Page18 敏達天皇(十八)日羅の進退と出自
日羅の進退と出自
Page19 敏達天皇(十九)阿倍目臣と物部贄子連と大伴糠手子連に政治について答える日羅
阿倍目臣と物部贄子連と大伴糠手子連に政治について答える日羅
Page20 敏達天皇(二十)船300有ります。筑紫に請願しようと思う
船300有ります。筑紫に請願しようと思う
Page21 敏達天皇(二十一)德爾と余奴たちによる日羅暗殺・身体の光
德爾と余奴たちによる日羅暗殺・身体の光
Page22 敏達天皇(二十二)妻子は石川百済村へ、水手は石川大伴村へ
妻子は石川百済村へ、水手は石川大伴村へ
Page23 敏達天皇(二十三)葦北の眷属は德爾たちを殺して弥売嶋に投げ捨てる
葦北の眷属は德爾たちを殺して弥売嶋に投げ捨てる
Page24 敏達天皇(二十四)鹿深臣の弥勒の石像と佐伯連の仏像
鹿深臣の弥勒の石像と佐伯連の仏像
Page25 敏達天皇(二十五)恵便と善信尼・その弟子の禅蔵尼と恵善尼
恵便と善信尼・その弟子の禅蔵尼と恵善尼
Page26 敏達天皇(二十六)司馬達等が得た仏舎利
司馬達等が得た仏舎利
Page27 敏達天皇(二十七)蘇我馬子の病気と占い・仏の祟り
蘇我馬子の病気と占い・仏の祟り
Page28 敏達天皇(二十八)物部守屋は塔を壊し仏像を焼く
物部守屋は塔を壊し仏像を焼く
Page29 敏達天皇(二十九)海石榴市で尼たちを鞭打ちに
海石榴市で尼たちを鞭打ちに
Page30 敏達天皇(三十)仏像の祟り・瘡
仏像の祟り・瘡
Page31 敏達天皇(三十一)三宝の力が無くては救い治めることは難しい
三宝の力が無くては救い治めることは難しい
Page32 敏達天皇(三十二)殯宮での確執・猟で使う矢に当たった雀鳥のようだ
殯宮での確執・猟で使う矢に当たった雀鳥のようだ