天智天皇(日本書紀)

MENU

天智天皇(日本書紀)

投稿:2016年01月15日 更新:2016年01月15日

要約

斉明天皇即位7年7月 唐の蘇定方と突厥の契苾加力が高麗の城下に到着。中大兄皇子が長津宮に移る。
斉明天皇即位7年8月 阿曇比邏夫連などを派遣して百済を救援しようとした。
斉明天皇即位7年9月 長津宮で中大兄皇子が豊璋に冠を授ける。多臣蔣敷の妹を妻に。狹井連檳榔などを5000人をつけて百済に派遣。豊璋を鬼室福信が迎える。
斉明天皇即位7年12月 高麗が唐の侵略を退ける。
斉明天皇即位7年 播磨国司の岸田臣麻呂が宝の剣を献上。百済の加巴利浜で火を焚くと、灰が穴になり鳴鏑のように鳴った。これを高麗と百済が滅ぶ兆候だとした。
天智天皇即位1年1月 鬼室福信に援助。
天智天皇即位1年3月 百済に布を与えた。唐と新羅が高麗を征伐。高麗は大和朝廷に救援を要請。将軍を派遣してなんとか食い止める。
天智天皇即位1年4月 ネズミが馬の尾で子を産む。これを高麗が破れて日本に服属すると判断した。
即位1年5月 阿曇比邏夫連が豊璋を百済へ送る。百済を復興。
即位1年6月 百済は達率万智を派遣し献上した。
即位1年12月 百済の豊璋・福信が狹井連と合議。部下の進言を聞かず、都を移動させる。
即位2年2月 百済は達率金受を派遣して献上。新羅が百済に侵略し、結局都を元の州柔に戻す。
即位2年3月 日本が上毛野君稚子と27000人を派遣して新羅を討たせる。
即位2年5月 犬上君が高麗に行くと、そこで福信の罪を聞く。
即位2年6月 上毛野君稚子たちが新羅の城を取る。百済の豊璋は福信の手のひらに穴を開けて革で縛って捕らえて、結局処刑した。首は酢漬けにして保存。
即位2年8月 福信の死を受けて新羅が都を取ろうとする。日本から救援1万人が来ることになっていると豊璋が言う。新羅が百済の都を包囲。唐は170隻の船で白村江に陣を張る。27日に日本と唐の船が出会って戦争になる。日本敗北。28日日本が乱れた兵で戦うが破れ続ける。百済の豊璋は高麗へと逃げる。
即位2年9月 百済の都の州柔城が降伏。百済の滅亡。百済の人々が日本に逃げる。
即位3年2月 天智天皇は大海人皇子に冠位を改めるように命じる。
即位3年3月 百済王の善光王が難波に。星が都の北に落ちる。地震。
即位3年5月 百済の劉仁願は郭務悰を派遣し献上した。蘇我連大臣が死亡。
即位3年6月 嶋皇祖母命(=天智天皇の祖母)が死亡。
即位3年10月 中臣鎌足が智祥を派遣して郭務悰に品物を与えた。郭務悰と宴会。高麗の大臣蓋金が死亡。
即位3年12月 郭務悰が帰国。淡海国の報告。
即位3年 対馬嶋・壱岐嶋・筑紫国に防人を置く。筑紫に水城を設置。
即位4年2月 間人大后(孝徳天皇の后・天智天皇の妹)が死亡。百済の官位を調べて、日本の位を授ける。百済の百姓四百人が近江国の神前郡に移住。
即位4年3月 間人大后のために330人が出家。百済人に田を与えました。
即位4年8月 長門・筑紫に築く。済州島から使者が来る。
即位4年9月 唐が使者を日本に派遣。
即位4年10月 菟道で検閲。
即位4年11月 唐の使者の劉徳高と宴会。
即位4年12月 劉徳高に品物を与えた。劉徳高が帰国。この歳、小錦守君大石を唐に派遣。
即位5年1月 高麗が使者の前部能婁を派遣して調を献上。済州島が王子の姑如を派遣して貢ぎ物を献上。
即位5年3月 皇太子(=天智天皇)が佐伯子麻呂連に病状を尋ねる。
即位5年6月 高麗の使者の前部能婁が帰国。
即位5年7月 洪水。
即位5年10月 高麗が乙相奄鄒を派遣して調を献上。
即位5年 この年に都のネズミが近江に向かって言った。百済の男女二千人を東国(=関東)に移住させる。倭漢沙門智由は指南車を献上。
即位6年2月 斉明天皇(=皇極天皇)と間人皇女を合葬する。大田皇女を近くの墓に埋葬する。皇太子(=天智天皇)が言うには「斉明天皇の遺言で昔ながらの大きな墓を作らなかった。永遠にそうしましょう」
即位6年3月 近江に遷都。ただし百姓は遷都を嫌がり、批判した。
即位6年6月 葛野郡が白いツバメを献上。
即位6年7月 済州島が使者を派遣して貢ぎ物を献上。
即位6年8月 皇太子が大和の都へ。
即位6年10月 高麗の長男の男生が中国へ亡命。
即位6年11月 百済の劉仁願が部下を筑紫都督府に送る。高安城・屋嶋城・金田城を築く。
即位6年閏11月 椽磨(済州島)に援助を行う。
即位7年1月 天智天皇が即位。内裏で宴会した。博徳が服命。
即位7年2月 倭姫王を皇后に。蘇我山田石川麻呂の娘の遠智娘も嫁いで大田皇女・鸕野皇女(のちの持統天皇)・建皇子を産んだ。阿倍倉梯麻呂の娘も嫁いだ。蘇我赤兄の娘も嫁いだ。伊賀采女宅子娘も嫁いで大友皇子を産んだ。
即位7年4月 百済が調を献上。
即位7年5月 天智天皇が蒲生野で猟りをした。大海人皇子やその他の家臣たちが従った。
即位7年6月 伊勢王とその弟が1日違いで死亡。
即位7年7月 高麗が調を献上。風と波が強くて帰国できなかった。近江国が武を習う。牧場を作り、馬を放つ。越国が燃える土と燃える水を献上。宴会会場で魚が集まる。蝦夷と宴会した。舎人に命じて宴会をした。その時代の人は「天皇は天命を終わらせようとしているのか?」と言った。
即位7年9月 新羅が調を献上。中臣鎌足が新羅の使者に船を与えた。
即位7年10月 唐が高麗を滅ぼす。
即位7年11月 日本は新羅王に品を与え、部下を派遣する。道行が草薙剣を盗んで新羅に逃げるが、途中で迷う。
即位8年1月 蘇我赤兄を筑紫率に任命。
即位8年3月 耽羅は王子の久麻伎を派遣して貢ぎ物を献上。耽羅に五穀の種子を与える。
即位8年5月 天智天皇が山科野で猟りを。大海人皇子と臣下たちが従って行きました。
即位8年8月 天智天皇が高安嶺に城を作ろうとしたが、労役が厳しいから止めた。鎌足の家に落雷があった。
即位8年9月 新羅が使者を派遣して調を献上。
即位8年10月 天智天皇が病に伏せる中臣鎌足に見舞いに行く。藤原姓を与える。鎌足が死亡。
即位8年12月 大蔵が火災に。この冬に高安城を作ったことで田税を徴収した。斑鳩寺が火災にあった。この年、河内直鯨を唐に使者として送る。余自信・鬼室集斯を近江国蒲生郡に移住させた。唐が郭務悰と2000人を派遣した。
即位9年1月 宮で大射の儀式をした。マナーを規定し、妄言などを禁じた。
即位9年2月 戸籍を作る。長門城1つ、筑紫城2つを築いた。
即位9年3月 山御井で御幣を捧げた。中臣金連が祝詞をあげた。
即位9年4月 法隆寺に火災。
即位9年5月 奇妙な童謡が歌われる。
即位9年6月 村で「申」の字が記してある亀が見つかる。
即位9年9月 阿曇連頰垂を新羅に派遣。
即位9年 この年、水碓を作って治鉄をする。
即位10年1月 賀正の儀式。大友皇子が太政大臣に。蘇我赤兄が左大臣。太皇弟が詔して、冠位・法度を施行。大赦する。高麗が貢調する。百済が表を献上する。百済の臣たちに冠位を授ける。また動揺を歌う。
即位10年2月 百済が貢調する。
即位10年3月 黄書造本実が水臬を献上する。常陸国は中臣部若子を献上する。
即位10年4月 漏剋が新しい台に置かれ、鐘鼓が鳴った。筑紫で8つ足の鹿が生まれて死んだ。
即位10年5月 天智天皇が皇太子と臣と宴会をする。
即位10年6月 百済の使者が軍の要請をする。百済は貢調をする。栗隈王を筑紫率に。新羅は貢調する。
即位10年7月 唐の李守真が百済の使者と帰る。
即位10年8月 高麗の可婁たちが帰国。蝦夷と宴会。
即位10年9月 天智天皇が病気に。
即位10年10月 新羅が貢調する。内裏で仏の開眼式。法興寺の仏に宝が奉られる。
即位10年10月 天皇の病気が悪化。皇太弟(のちの天武天皇)を呼び出して、即位を求めるが皇太弟は固辞。皇太弟は皇后か大友皇子に譲って欲しいと言い、出家する。皇太弟は吉野へ。
即位10年11月 対馬から筑紫に郭務悰ら2000人が74隻の船に乗って朝鮮の比智嶋に来て、来日しようとしているが、通告していないと驚いて襲うだろう考え、あらかじめ朝廷に使者を派遣しようとしている、と情報が来る。大友皇子は内裏で蘇我赤兄たちと泣いて誓いを立てる。近江宮に火災。大蔵省から出火。天智天皇の前で蘇我赤兄たちが誓う。新羅が貢物を持って来る。
即位10年12月 天智天皇が崩御。殯をする。動揺が歌われる。新羅の使者が帰国。讃岐の山田郡で四つ足の雛が生まれる。8つの鼎が鳴いた。

「天智天皇(日本書紀)」のページ一覧

Page1 天智天皇(一)即位まで経緯
Page2 天智天皇(二)蘇將軍と契苾加力
Page3 天智天皇(三)前将軍と後将軍を任命して百済救援軍を派遣
Page4 天智天皇(四)狹井連檳榔と秦造田来津を豊璋救援に派遣
Page5 天智天皇(五)高麗の浿が凍り、唐兵が泣く
Page6 天智天皇(六)狹夜郡の禾田の剣・加巴利浜の灰の鳴鏑
Page7 天智天皇(七)百済の救援・鼠が馬の尾の上で子を生む
Page8 天智天皇(八)豊璋の百済入り・王を継ぐ・福信に爵禄を与える
Page9 天智天皇(九)州柔から避城へ
Page10 天智天皇(十)新羅の百済4州の侵略・唐の虜囚の続守言・糺解と福信
Page11 天智天皇(十一)福信の処刑・腐狗癡奴
Page12 天智天皇(十二)白村で日本の救援を待つ
Page13 天智天皇(十三)白村江の戦い
Page14 天智天皇(十四)百済の名は今日、絶えた
Page15 天智天皇(十五)大皇弟に命じて官位を26階に改める
Page16 天智天皇(十六)百済王の善光王は難波に・劉仁願と郭務悰の来日
Page17 天智天皇(十七)郭務悰を追い返す・高麗の蓋金の遺言
Page18 天智天皇(十八)小竹田史身と磐城村主殷
Page19 天智天皇(十九)間人大后の死・鬼室集斯を小錦下に
Page20 天智天皇(二十)長門と筑紫に城・劉徳高の来日
Page21 天智天皇(二十一)高麗の調・大水・百済の移民の処置・指南車
Page22 天智天皇(二十二)斉明天皇と間人皇女を小市岡上陵に合葬
Page23 天智天皇(二十三)近江への遷都・童謡と失火
Page24 天智天皇(二十四)耽羅の貢・高麗の男生が大唐へ
Page25 天智天皇(二十五)劉仁願の使者・高安城と屋嶋城と金田城を築く
Page26 天智天皇(二十六)即位
Page27 天智天皇(二十七)后妃と子息氏女
Page28 天智天皇(二十八)百済の末都師父の派遣・蒲生野の猟・伊勢王の死
Page29 天智天皇(二十九)栗前王は越へ・牧場・多すぎる宴会
Page30 天智天皇(三十)金東厳の来日と調の献上
Page31 天智天皇(三十一)唐の大将軍の英公により高麗が滅亡
Page32 天智天皇(三十二)金東厳の帰国・沙門道行が草薙剣を盗む
Page33 天智天皇(三十三)耽羅の久麻伎の来日・山科で猟
Page34 天智天皇(三十四)高安の城と仁愛の徳・藤原の家に落雷
Page35 天智天皇(三十五)藤原の姓を賜う・鎌足の死
Page36 天智天皇(三十六)河内直鯨は唐へ・郭務悰と二千人の使者
Page37 天智天皇(三十七)大射・礼儀や禁則の詔・築城・山御井で祝詞
Page38 天智天皇(三十八)法隆寺の火事と童謡・申の亀・水碓
Page39 天智天皇(三十九)賀正の事・大友皇子を太政大臣に
Page40 天智天皇(四十)百済の遺臣に冠位を・橘は己が枝々…
Page41 天智天皇(四十一)水臬・中臣部若子を献上
Page42 天智天皇(四十二)新たな漏剋・筑紫の八つ足の鹿
Page43 天智天皇(四十三)田儛・水牛1頭と山鶏1隻を献上・李守真の帰国
Page44 天智天皇(四十四)天皇の病気の悪化・百仏の開眼
Page45 天智天皇(四十五)東宮は即位を固辞・吉野で仏門の修行に
Page46 天智天皇(四十六)沙門道久と筑紫君薩野馬と韓嶋勝娑婆と布師首磐の報告
Page47 天智天皇(四十七)大友皇子と大臣たちの誓い
Page48 天智天皇(四十八)近江の大蔵省の第三倉から出火・大友皇子と誓い
Page49 天智天皇(四十九)崩御・3つの童謡
Page50 天智天皇(五十)4つ足の雛・8つの鼎が鳴る