大国主

MENU

大国主

投稿:2013年03月13日 更新:2013年03月13日

要約

大国主(オオクニヌシ)という国を作った英雄が登場。大国主は素戔嗚とは全く違います。素戔嗚が元「鬼」の英雄だったのに対して、大国主は完璧な「善」。
かといって素戔嗚と大国主はまったく違う文化系統かというとそういうわけではなく、出雲の東は素戔嗚系神社、西は大国主系神社と、住み分けがあることから、どこかで融合したのではないかと。

「大国主」のページ一覧

Page1 須賀の宮の子供達
Page2 八島士奴美神の系譜
Page3 布波能母遅久奴須奴神の子孫
Page4 并せて五つの名有り
Page5 兄弟達が国を譲った理由は……
Page6 因幡の白兎の登場
Page7 オオナムチとウサギの会話
浴びた海水が乾くとウサギの皮膚がひび割れ…
Page8 ウサギ、ワニを騙す
Page9 沖ノ島から気多の前まで
Page10 お前はわたしに騙されたのだよ
Page11 ウサギの告白終了
Page12 ガマの花粉でウサギの傷を癒す
Page13 兎神といいます
Page14 ヤガミヒメの拒絶
八上比売の意思
Page15 伯耆国の手間の山
Page16 貝の女神が治療
Page17 オオナムチ二度目の死
二度目の死
Page18 八十神に殺されてしまう
Page19 根の堅州国へ向かえ
Page20 一目ぼれ即結婚
Page21 葦原色許男と謂ふぞ
Page22 須勢理毘売命と蛇の比礼
Page23 呉公と蜂との室
Page24 鳴鏑とネズミ
Page25 落ちて隠り入りし間に火は焼け過ぎき
Page26 喪具を持ちて、哭きて
Page27 牟久の木の実と赤土
Page28 生大刀・生弓矢・天の詔琴
Page29 目を覚ます根の国の王
Page30 義父の叱咤激励?
Page31 国を作った
Page32 正妻におびえるヤガミヒメ
正妻におびえる八上比売
Page33 ヤチホコ神のプロポーズ
八千矛神のプロポーズ
Page34 ヤチホコのラブソング?
八千矛神のラブソング
Page35 ヌナカワヒメは戸を開けない
沼河比売は戸を開けない
Page36 鳥は夫を慕う
Page37 ヌナカワヒメの逢瀬の約束
沼河比売の逢瀬の約束
Page38 翌日の夜に結ばれる二人
Page39 ヤチホコは出雲から大和へ
八千矛神は出雲から大和へ
Page40 正妻スセリヒメへの別れ歌
正妻への別れ歌
Page41 スセリヒメが酒をたむけて歌を歌う
正妻が酒をたむけて歌を歌う
Page42 あなた以外に男は居ません。
Page43 ヤチホコ神とスセリヒメは仲睦まじく
八千矛神と須勢理毘売は仲睦まじく
Page44 迦毛大御神と謂うぞ
Page45 事代主神の登場
Page46 鳥鳴海神以下の系譜
Page47 十七世の神
Page48 ガガイモの船に乗り、蛾の服を着た名も無き神
Page49 ヒキガエルとクエビコとスクナヒコナ
ヒキガエルと久延毘古
Page50 アシハラシコオと兄弟となって
葦原色許男命と兄弟となって
Page51 スクナヒコナは常世の国へ
小名毘古那は常世の国へ
Page52 クエビコについて
久延毘古のその後
Page53 国つくりのパートナーが欲しい
Page54 海の向こうから光の神が
Page55 魂を大和の東の山に祀れ
Page56 オオトシ神の系譜
大年神の系譜
Page57 カマド神たち
Page58 鳴鏑を神体とする神
Page59 大歳神の神裔たち