景行天皇(日本書紀)

MENU

景行天皇(日本書紀)

投稿:2014年11月19日 更新:2014年11月19日
スポンサードリンク

要約

事件
即位1年7月 元を改める。
即位3年2月 紀伊国へ行幸。屋主忍男武雄心命に紀伊の神を祀らせる。屋主忍男武雄心命の子孫が武内宿禰。
即位4年2月 美濃へ行幸。八坂入媛を娶る。息子の大碓命ヤマトタケルの兄)が兄遠子・弟遠子の姉妹を父・景行天皇を騙して寝取る。
即位4年11月 纒向に都を移す(日代宮)。
即位12年 熊襲の討伐へ。土蜘蛛たちのとの戦い。
即位12年11月 日向国の高屋宮に到着。市乾鹿文が天皇に協力して父を殺すものの、その親不孝を憎んで天皇に殺される。
即位13年5月 襲国を平定。
即位17年 九州で京を思い思邦歌(クニシノビウタ)を歌う。
即位18年 筑紫国で諸縣君の泉媛が儀式を行うのを見る。
即位18年4月 熊県で弟熊を誅殺。葦北の島で水が湧く。
即位18年5月 火の国へ。
即位18年6月 玉杵名邑の土蜘蛛を誅殺。阿蘇で阿蘇津彦と阿蘇都姫に出会う。
即位18年7月 筑紫国の御木へ。八女県へ。
即位18年8月 的邑で食事。
即位19年9月 日向から大和へ帰る。
即位20年2月 五百野皇女に天照大神を祀らせる。
即位25年7月 武内宿禰に関東を視察させる。
即位27年2月 武内宿禰の報告により、蝦夷討伐を計画。
即位27年 ヤマトタケルによる熊襲征伐。
即位28年 ヤマトタケルは熊襲征伐を報告。
即位40年 関東の異民族が反抗するので、大碓皇子を派遣しようとするが、逃げたのでヤマトタケルを関東に派遣。
即位40年10月 ヤマトタケルは関東に出発。伊勢神宮に立ち寄り、倭姫命から草薙剣を受け取る。焼津での火攻めを草薙剣で防ぐ。相模で海を舐めたために暴風雨が起き、弟橘媛が生贄となって嵐を鎮め、なんとか海を渡る。上総から陸奥、葦浦、玉浦から蝦夷の元へ行き平定し、蝦夷を俘囚として連れ帰る。日高見国から常陸を経て甲斐国の酒折宮に滞在。武蔵から上野、西碓日坂を通り、部下の吉備武彦を越国へ派遣。その後、ヤマトタケルは信濃へ。山の神を殺して美濃に脱出。尾張で宮簀媛を娶る。五十葺山(イブキヤマ)に入り、神に呪われる。俘囚の蝦夷を伊勢神宮に献上。能褒野でヤマトタケル死亡(30歳)。白鳥となって倭国の琴弾原、河内の旧市邑へ飛んでいく。
この時点で景行天皇即位43年。
即位51年1月 稚足彦尊と武内宿禰が宴会に参加しなかった。その理由を聞いて稚足彦尊は皇太子に。
即位53年 天皇は伊勢から東国へ巡幸。上総国・淡水門へ。
即位53年12月 東国から帰り、伊勢の綺宮に滞在。
即位54年9月 伊勢から纒向宮に。
即位55年2月 彦狹嶋王の死。遺体は盗まれて上野国に葬られる。
即位56年8月 御諸別王(彦狹嶋王の子)が東国の担当となり、蝦夷を征伐する。
即位57年 坂手池を作る。田部屯倉を起こす。
即位58年 近江国の志賀に3年滞在(高穴穂宮)。
即位60年 景行天皇は崩御(106歳)。
スポンサードリンク

「景行天皇(日本書紀)」のページ一覧

Page1 景行天皇(一)皇太子即位と出自など
Page2 景行天皇(二)大碓と小碓の出産
大碓と小碓の出産
Page3 景行天皇(三)屋主忍男武雄心命と武内宿禰の出生
屋主忍男武雄心命と武内宿禰の出生
Page4 景行天皇(四)弟媛は鯉の遊戯に誘われて
弟媛は鯉の遊戯に誘われて
Page5 景行天皇(五)妃達とその皇子と皇女
Page6 景行天皇(六)80人の子供、兄遠子と弟遠子と大碓命
Page7 景行天皇(七)熊襲が朝貢をしない
熊襲が朝貢をしない
Page8 景行天皇(八)神夏磯媛と鼻垂・耳垂・麻剥・土折猪折
神夏磯媛と鼻垂・耳垂・麻剥・土折猪折
Page9 景行天皇(九)鼠の石窟
鼠の石窟
Page10 景行天皇(十)海石榴の椎
海石榴の椎
Page11 景行天皇(十一)蹈石と誓約
蹈石と誓約
Page12 景行天皇(十二)熊襲八十梟帥の娘の市乾鹿文と市鹿文
熊襲八十梟帥の娘の市乾鹿文と市鹿文
Page13 景行天皇(十三)不孝をひどく憎み誅殺
不孝をひどく憎み誅殺
Page14 景行天皇(十四)御刀媛を妃に迎える
御刀媛を妃に迎える
Page15 景行天皇(十五)日向の地名説話と思邦歌
日向の地名説話と思邦歌
Page16 景行天皇(十六)諸縣君泉媛
諸縣君泉媛
Page17 景行天皇(十七)兄熊と弟熊、水嶋の崖の泉
兄熊と弟熊、水嶋の崖の泉
Page18 景行天皇(十八)八代県の豊村の不知火
八代県の豊村の不知火
Page19 景行天皇(十九)玉杵名邑の土蜘蛛津頰と阿蘇の地名説話
玉杵名邑の土蜘蛛津頰と阿蘇の地名説話
Page20 景行天皇(二十)御木国の地名説話
御木国の地名説話
Page21 景行天皇(二十一)八女国の地名説話
八女国の地名説話
Page22 景行天皇(二十二)的邑の地名説話
的邑の地名説話
Page23 景行天皇(二十三)斎宮・五百野皇女と武内宿禰の東国視察
斎宮・五百野皇女と武内宿禰の東国視察
Page24 景行天皇(二十四)美濃国の弟彦公
美濃国の弟彦公
Page25 景行天皇(二十五)川上梟師の宴会と暗殺
川上梟師の宴会と暗殺
Page26 景行天皇(二十六)日本童男から日本武皇子へ
日本童男から日本武皇子へ
Page27 景行天皇(二十七)西国遠征の報告
西国遠征の報告
Page28 景行天皇(二十八)大碓皇子を美濃国に封じる
大碓皇子を美濃国に封じる
Page29 景行天皇(二十九)蝦夷の性質、日本武尊は神人
蝦夷の性質、日本武尊は神人
Page30 景行天皇(三十)斧鉞を承り再拝し…
斧鉞を承り再拝し…
Page31 景行天皇(三十一)東征の前に日本武尊は伊勢神宮へ
東征の前に日本武尊は伊勢神宮へ
Page32 景行天皇(三十二)焼津の地名説話と叢雲と草薙の剣
焼津の地名説話と叢雲と草薙の剣
Page33 景行天皇(三十三)馳水の地名説話
馳水の地名説話
Page34 景行天皇(三十四)竹水門への入港
竹水門への入港
Page35 景行天皇(三十五)新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる
新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる
Page36 景行天皇(三十六)東国の地名説話
東国の地名説話
Page37 景行天皇(三十七)信濃の白い鹿を蒜で殺す
信濃の白い鹿を蒜で殺す
Page38 景行天皇(三十八)イブキヤマの主神の大蛇
イブキヤマの主神の大蛇
Page39 景行天皇(三十九)尾張に直に向へる一つ松あはれ一つ松人にありせば衣着せましを太刀佩けましを
尾張に直に向へる一つ松あはれ一つ松人にありせば衣着せましを太刀佩けましを
Page40 景行天皇(四十)伊勢国の能褒野陵に葬りました
伊勢国の能褒野陵に葬りました
Page41 景行天皇(四十一)白鳥陵に衣冠を葬る
白鳥陵に衣冠を葬る
Page42 景行天皇(四十二)宴会に参加しない稚足彥尊と武内宿禰
宴会に参加しない稚足彥尊と武内宿禰
Page43 景行天皇(四十三)棟梁之臣
棟梁之臣
Page44 景行天皇(四十四)無礼な蝦夷は熱田から三輪山へ
無礼な蝦夷は熱田から三輪山へ
Page45 景行天皇(四十五)日本武尊の妃と子女
日本武尊の妃と子女
Page46 景行天皇(四十六)皇后の死と新たな皇后
Page47 景行天皇(四十七)磐鹿六鴈が白蛤を膾に
磐鹿六鴈が白蛤を膾に
Page48 景行天皇(四十八)東山道の十五国の都督
東山道の十五国の都督
Page49 景行天皇(四十九)御諸別王の東国運営
御諸別王の東国運営
Page50 景行天皇(五十)田部屯倉を諸国に興す
田部屯倉を諸国に興す
スポンサードリンク