古事記に登場する剣・武器

MENU
TOP > 古事記に登場する剣・武器

古事記に登場する剣・武器

投稿日時:2020-12-27 01:46:11
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

ここでは古事記に登場する武器をまとめています。刀・横刀・大刀といった俗称ではなく、固有名詞か、現在の私たちには特殊に聞こえるワードのみを取り出しています。また、日本書紀に登場する武器は抜き出していません。

剣系

十拳剣(トツカノツルギ
俗にいう「長剣」のこと。拳10個分の長さの剣。複数の場面で登場するため長剣の一般的な表現だと思われるが、古事記の中の神話部分にしか登場しないので、神話的な表現なんじゃないかと思う。
刀(剣)から生まれた神逃げろ!宗像三女神の誕生刀が欠けてしまうタカヒコネが喪屋を破壊切先にあぐらをかく武神

天之尾羽張(アメノオハバリ)、別名、伊都之尾羽張(イツノオハバリ
イザナギが火の神カグツチを切り殺した剣。十拳剣(トツカノツルギ)でもある。
火の神の死体から産まれた神

大量(オオハカリ)、別名、神度剣(カムドノツルギ)
十拳剣でもある。アジスキタカヒコネアメノワカヒコの葬式アメノワカヒコと間違われたことで縁起が悪いとキレて、喪屋をぶち壊したときに使った剣。
飛びさるタカヒコネ

都牟刈の大刀(ツムカリノタチ
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の尻尾から出てきた剣で、草薙剣のことでもある。初登場時は都牟刈の大刀(ツムカリノタチ)と表記されるが、その後は一切古事記に登場しない。
クサナギの剣があらわれる

草那芸の大刀(クサナギノタチ=草那芸剣
平安時代になると三種の神器の一つとして挙げられる宝剣。八岐大蛇の尻尾から出てきた。八岐大蛇の尻尾から出てきたときは都牟刈の大刀(ツムカリノタチ)だが、これが草薙剣と呼ばれるようになるのはヤマトタケルが火攻めにあったときに草を切って何を逃れたことから。
クサナギの剣があらわれる三種の神器と神々をさらに追加草那芸剣と袋を受け取る美夜受比売の答え

生大刀(イクタチ)
根の堅洲国のスサノオの宮にあったアイテムの一つ。オオナムチスサノオを柱に縛り付けてこれらのアイテムとスサノオの娘であるスセリヒメを誘拐して逃げる。これらのアイテムと娘を得たことで地上の王となる。
生大刀・生弓矢・天の詔琴義父の叱咤激励?

佐士布都神(サジフツ神)、別名を甕布都神(ミカフツ神)、別名を布都御魂(フツノミタマ
神武東征の際に危機に陥った神武天皇を助けるためにタケミカヅチ神が地上に降ろした刀のこと。フツとは刀を振り下ろした時に風を切る音とされる。
自分の代わりに刀を降ろして解決

頭椎の大刀(カブツチノタチ)
柄が大きな刀で、古墳によく埋葬されていて、持ち手が金色に装飾されていたらしい。儀式用の刀で実践用ではないだろうと思われる。古事記では天忍日命(アメノオシヒ命)と天津久米命(アマツクメ命)の二柱の神が持って、ニニギとともに降臨したとされる。
アメノオシヒ命とアマツクメ命

頭椎い、石椎い
神武東征の際、忍坂で土蜘蛛トミビコを討つ際に歌った久米歌に登場する剣。頭椎はつかの大きな刀のことで、石椎は柄が石でできた刀のこと。どちらも「柄の材質」が名前の由来となっていることから、「呪術」アイテムの可能性が高い。
イワレビコの久米歌
スポンサードリンク

小刀

紐小刀
柄に穴が開いていて、そこに紐を通す。古墳から出土される。アメノウズメナマコの口を裂くのに使われたり、ホオリ(=山幸彦)が海から帰るときに乗った一尋和邇(ヒトヒロワニ)に送ってもらったお礼に首かけたり、サホビメが垂仁天皇の寝首をかこうとしたときに登場している。
ナマコの口を裂くサイモチ神といいます垂仁天皇の夢

八塩折(ヤシホヲリ)の紐小刀(ヒモカタナ)
何度も鍛えた紐小刀のこと。
日本最古の兄妹愛物語サホビメの告白

弓矢

鳴鏑(ナリカブラ)
音が鳴るよう細工された矢の先。平安時代など、のちの時代では戦争の始まりの合図として利用されるようになるが、古事記の時代では農業儀式のアイテムと考えた方がいい。
鳴鏑とネズミ落ちて隠り入りし間に火は焼け過ぎき鳴鏑を神体とする神訶夫羅前

生弓矢(イクユミヤ)
根の堅洲国のスサノオの宮にあったアイテムの一つ。オオナムチはこれらとスサノオの娘のスセリヒメを盗み、地上の王となる。
生大刀・生弓矢・天の詔琴義父の叱咤激励?

天之麻迦古弓(アマノマカコ弓)、天之波波矢(アマノハハ矢)
高天原が国譲りを迫る交渉人としてアメノワカヒコを地上に降臨させる際に持たせた「弓矢」のこと。
アメノワカヒコに弓と矢を持たせて地上へ

天之波士弓(アマノハジユミ)と天之加久矢(アマノカク矢)
アメノワカヒコ高天原からやってきた鳴女という鳥を殺すために使った弓矢。「天津神からもらった」とあるので、上記の天之麻迦古弓(アマノマカコ弓)、天之波波矢(アマノハハ矢)と同じものであるはずだが、名前がなぜか違う。ハジは「ハゼの木」のことで材質を表す。
ナキメを射殺すアメノワカヒコ

天の石靫
ニニギが天孫降臨する際に仕えたアメノオシヒ(大伴氏の先祖)とアマツクメ(久米氏の先祖)が持っていた矢を入れる筒。石製らしい。
アメノオシヒ命とアマツクメ命

天の波士弓(アメノハジユミ)と天の真鹿児矢(アメノマカゴヤ)
ニニギが天孫降臨する際に仕えたアメノオシヒ(大伴氏の先祖)とアマツクメ(久米氏の先祖)が持っていた弓矢。これとは別に頭椎の大刀と、天の石靫(矢筒)も持っていた。ハジは「ハゼの木」のことで材質を表す。
アメノオシヒ命とアマツクメ命

忌矢(イワイヤ)
忌矢とは戦争の始まりに射つ矢のこと。崇神天皇の時代、各地に派兵するのですが、崇神天皇の伯父である建波邇安王(タケハニヤスノミコ)が崇神天皇の殺害を狙っていることが不思議な少女の歌から判明します。それで建波邇安王(タケハニヤスノミコ)と日子国夫玖命(ヒコクニブク命=崇神天皇側)との戦争が始まります。その時に放たれた矢のこと。
まづ忌矢弾つべし

梓弓(アヅサユミ)檀弓(ミマユミ)
応神天皇の子であるオオヤマモリとウジノワキイラツコの争いで、オオヤマモリが破れて死んだ後に歌われた歌の中に登場する言葉。宇治川沿いに生えているアズサとマユミの木を伐採して作る弓のことだが、歌の中では結局、君主と恋人を思い、心苦しくて伐採できなかったとされる。
ちはや人宇治の渡に渡り瀬に

穴穂箭(アナホヤ)、軽箭(カルヤ)
允恭天皇の子供の木梨之軽王が次の天皇に内定していたのですが、同腹の妹である軽大郎女(=衣通郎女)と近親相姦関係になり、氏族たちが穴穂皇子(のちの安康天皇)についた。その結果、木梨之軽王は大前小前宿禰大臣の家に逃げ込み、戦争になります。そのときに穴穂皇子の陣営が作ったのが「穴穂箭(アナホヤ)」、木梨之軽王の陣営が作ったのが「軽箭(カルヤ)」。
大前小前宿禰が 金門陰 斯く寄り来ね 雨立ち止めむ
スポンサードリンク

天の沼矛(アメノヌボコ
イザナギイザナミが天界で神々からもらった矛。これを海に突き刺してかき回し、引き揚げた矛から滴った塩が積もってできたのが淤能碁呂島(オノゴロ島)。
オノゴロ島誕生

比比羅木之八尋矛(柊の八尋矛)
ヤマトタケルが熊襲征伐を終え、大和に帰ってきて、さらに東国に派遣される際、父親の景行天皇から授けられたのが柊の八尋矛。ヒイラギは葉っぱがトゲトゲしていて「魔を払う」ものとされる。「戦争の」ではなく呪術のアイテム。
東国12カ国へ
スポンサードリンク

その他

押機
神武東征の際に登場した、人を押しつぶす罠のこと。
エウカシの罠と謀略と密告
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
スポンサードリンク

管理人リンク

編集